試験公開中

このエントリーをはてなブックマークに追加

高齢者のためのユーザインタフェースデザイン ユニバーサルデザインを目指して

近代科学社

7,200円+税

高齢化が急速に進む日本。本書は、高齢者が直面するUI(ユーザインタフェース)上の問題を洗い出し、高齢者の身体的・認知的特性について解説をおこない,それらに対応するための具体的なデザイン事例を紹介している

【注意】本書のEPUB版は固定レイアウト型になっております。文字の大きさの変更や検索、引用などはお使いいただけません。画面の大きい端末でご利用ください。

関連サイト

本書の関連ページが用意されています。

内容紹介

 高齢者の身体的・認知的特性について解説し,それらに対応するための具体的なデザイン事例を紹介している。また,実在しない典型的な高齢者6名を設定し,彼らに身体上の問題点やデザイン上の要望を語らせることで,高齢者向けユーザビリティのあるべき姿を読者に明示する。さらに,各種デザインガイドラインとして,具体的な参考論文を紹介し,読者が実務上のより詳しい情報にあたれるよう工夫されている。(原著:Designing User Interfaces for an Aging Population — Towards Universal Design)

書誌情報

  • 著者: Johnson Jeff, Finn Kate(著), 榊原 直樹(訳)
  • 発行日: (紙書籍版発行日: 2019-11-30)
  • 最終更新日: 2019-11-30
  • バージョン: 1.0.0
  • ページ数: 314ページ(PDF版換算)
  • 対応フォーマット: PDF, EPUB
  • 出版社: 近代科学社

対象読者

高齢者,ユーザインタフェース,ユニバーサルデザイン,デザイン,ユーザビリティに興味がある人

著者について

Johnson Jeff

Finn Kate

榊原 直樹

東京電機大学卒.NTT アドバンステクノロジ株式会社,株式会社ユーディットを経て,2016 年より清泉女学院大学専任講師.デジタルハリウッド大学客員教授,情報通信アクセス協議会電気通信アクセシビリティ標準化専門委員会WG 主査.ISO/TC159 国内対策委員会委員.ユーディット在職時より,IT 分野におけるユニバーサルデザインをテーマに様々な調査・研究をおこなう.またJIS 等の標準化活動において,X 8341 シリーズなど高齢者・障害者配慮設計指針の策定委員などを務める.著書に『スマートエイジング入門—地域の役に立ちながらボケずに年を重ねよう』(共著,NTT 出版,2010),『改訂版情報社会のユニバーサルデザイン』(共著,放送大学教材,2019)など.

目次

第1章 はじめに

第2章 高齢者に会う

第3章 視覚

第4章 運動コントロール

第5章 聴覚と発話

第6章 認知

第7章 知識

第8章 検索

第9章 態度

第10章 高齢者との共同調査

第11章 ケーススタディ

第12章 まとめと結論

付録:デザインガイド

Home 書籍一覧 高齢者のためのユーザインタフェースデザイン ユニバーサルデザインを目指して ▲ ページトップへ戻る