試験公開中

このエントリーをはてなブックマークに追加

Swiftで書いておぼえるTDD

インプレスR&D

1,400円+税

Swiftで書きながらテスト駆動開発を学ぼう!本書はSwiftで実際にコードを書きながらTDDを学習し、そのメリット・デメリットを感じることができます。

関連サイト

本書の関連ページが用意されています。

内容紹介

【Swiftで書きながらテスト駆動開発を学ぼう!】

本書は、SwiftプログラマーのためのTDD(テスト駆動開発)入門書です。言語にとらわれないTDDですが、事例として取り上げられる例はJavaScript等が多く、Swiftに読み替えて理解することにはハードルがあります。本書はSwiftで実際にコードを書きながらTDDを学習し、そのメリット・デメリットを感じることができます。

書誌情報

  • 著者: 田中 賢治
  • 発行日: (紙書籍版発行日: 2018-10-19)
  • 最終更新日: 2018-10-19
  • バージョン: 1.0.0
  • ページ数: 70ページ(PDF版換算)
  • 対応フォーマット: PDF, EPUB
  • 出版社: インプレスR&D

対象読者

TDDの概要を知りたい人・普段Swiftで書いていて、TDDに興味がある人・TDDってなんだか難しそう……と思っている人・TDDはなんとなく知っているけど、いまいち手が出ない、理解できていない人

著者について

田中 賢治

百合好きのダンボールの人。M県S市杜王町出身で、Swiftを使ってiOS開発をするかたわら、趣味でブログを書いています。最近のホットキーワードは設計・テスト・リファクタリング。

目次

第1章 TDDとは

  • 1.1 TDDのメリット
  • 1.2 TDDのデメリット
  • 1.3 レッド/グリーン/リファクタリング
  • 1.4 チームの理解を得よう

第2章 書いておぼえるTDD

  • 2.1 本章の開発環境
  • 2.2 サンプルプロジェクトのリポジトリ
  • 2.3 演習問題
  • 2.4 ポーカーの言葉の整理
  • 2.5 トランプの言葉の整理
  • 2.6 カードの文字列表記(インスタンスの生成)
  • 2.7 カードの文字列表記(文字列表記の取得)
  • 2.8 カードの比較
  • 2.9 ツーカードポーカーの役を判定(ペア、フラッシュ、ハイカード)
  • 2.10 この章のまとめ

第3章 2018年現在のSwiftでのTDD開発

  • 3.1 ビルドが遅い問題
  • 3.2 モック自動生成ツールが不足している問題
  • 3.3 他のIDEにできることがXcodeにできない問題
Home 書籍一覧 Swiftで書いておぼえるTDD ▲ ページトップへ戻る