試験公開中

このエントリーをはてなブックマークに追加

ロボット制御学ハンドブック

近代科学社

27,000円+税

ロボットを思いどおりに動かすために必要な制御技術を知り、ロボットを使えるようにするために、ロボットの制御に特化した領域を「ロボット制御学」と名づけ、本書のの出版を企画した。本書は、なぜロボットに制御が必要なのか? から始まり、モデリング→設計→実装まで一連の流れを理解し、実践できるようになることを目的とする。

関連サイト

本書の関連ページが用意されています。

内容紹介

ロボットを思いどおりに動かすための制御技術を集大成!

日本では従来からロボットの研究開発が盛んであったが、その進歩は、ともすれば部品や材料・機械設計・コンピュータソフトによるものと捉えられ、ロボットに必須の「制御技術」が見逃されがちである。そこで、ロボットを思いどおりに動かすために必要な制御技術を知り、ロボットを使えるようにするために、ロボットの制御に特化した領域を「ロボット制御学」と名づけ、本書のの出版を企画した。本書は、なぜロボットに制御が必要なのか? から始まり、モデリング→設計→実装まで一連の流れを理解し、実践できるようになることを目的とする。

書誌情報

  • 著者: 松野 文俊, 大須賀 公一, 松原 仁, 野田 五十樹, 稲見 昌彦(編)
  • 発行日: (紙書籍版発行日: 2017-12-31)
  • 最終更新日: 2017-12-31
  • バージョン: 1.0.0
  • ページ数: 1024ページ(PDF版換算)
  • 対応フォーマット: PDF, EPUB
  • 出版社: 近代科学社

対象読者

制御技術, センサー, モデリング, 実装技術, 移動技術, 支援技術, 歴史に興味のある方

著者について

松野 文俊

京都大学

大須賀 公一

大阪大学

松原 仁

公立はこだて未来大学

野田 五十樹

産業技術総合研究所

稲見 昌彦

東京大学

目次

発刊の言葉

執筆者一覧

導入編

第1章 ロボット制御へのいざない

基礎編

第2章 力学モデリング
第3章 センサ・アクチュエータ系のモデリング
第4章 アクティブモデリング
第5章 制御基礎
第6章 ロボットアームの制御
第7章 車輪型移動ロボットの制御
第8章 脚ロボットの制御
第9章 制御系の実装技術
第10章 ヒューマン・ロボットインタラクション

実装編

第11章 ロボットアーム
第12章 ロボットハンド
第13章 浮遊ロボット
第14章 車輪型倒立振子ロボット
第15章 四輪/クローラーロボット
第16章 ヘビ型ロボット
第17章 二足歩行ロボット
第18章 多脚ロボット
第19章 ヒューマノイドロボット
第20章 高速ロボット
第21章 群ロボット
第22章 マイクロ・ナノロボット
第23章 パワーアシストロボット

展開編

第24章 健康・介護・リハビリテーション支援
第25章 農作業支援
第26章 建築・土木作業支援
第27章 宇宙開発支援
第28章 柔軟物体のハンドリング
第29章 医療支援
第30章 災害対応支援

総括編

第31章 ロボット制御の歴史と未来

索引

Home 書籍一覧 ロボット制御学ハンドブック ▲ ページトップへ戻る