試験公開中

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロジェクトの概念 第2版:プロジェクトマネジメントの知恵に学ぶ

近代科学社

2,500円+税

プロジェクトマネジメントの概念理解と実践事例!プロジェクトマネジメントに関する大学生向けの教科書。現実のプロジェクトに関わったことのない初心者が、プロジェクトに関する基礎的な知識を理解することを目指している。

【注意】本書のEPUB版は固定レイアウト型になっております。文字の大きさの変更や検索、引用などはお使いいただけません。画面の大きい端末でご利用ください。

関連サイト

本書の関連ページが用意されています。

内容紹介

プロジェクトマネジメントの概念理解と実践事例!

プロジェクトマネジメントに関する大学生向けの教科書である。現実のプロジェクトに関わったことのない初心者が、プロジェクトに関する基礎的な知識を理解することを目指している。文系・理系を問わず、すべての学生に理解してほしい基礎的な概念について述べた入門書。大学での半期15コマの授業を想定し15章で構成した。章末には演習課題を用意し、解答またはヒントも配した。

改訂にあたり、旧版の14,15章を1つにまとめて14章とし、15章に実践事例を配置してより具体的に理解出来るよう工夫した。初学者にお薦めの書である。

書誌情報

  • 著者: 日本プロジェクトマネジメント協会(編), 神沼 靖子(監修)
  • 発行日: (紙書籍版発行日: 2018-07-26)
  • 最終更新日: 2018-07-26
  • バージョン: 1.0.0
  • ページ数: 203ページ(PDF版換算)
  • 対応フォーマット: PDF, EPUB
  • 出版社: 近代科学社

対象読者

プロジェクトマネジメント,プログラムマネジメント,経営理論に興味がある人

著者について

日本プロジェクトマネジメント協会

1998年から2001年に財団法人エンジニアリング振興協会(現一般財団法人エンジニアリング協会(ENAA))が、経済産業省の委託事業として我が国のPMスタンダードとなっている『P2Mプロジェクト&プログラムマネジメント標準ガイドブック』を開発。当協会は国内外でP2Mの資格認定と普及活動、および産業発展のための活動を実施している。

神沼 靖子

1961年:東京理科大学理学部数学科卒業
現在:情報処理学会フェロー、元前橋工科大学工学部教授、博士(学術)。
主著:『基礎情報システム論―情報空間とデザイン―』(共著、共立出版)、『情報システム演習Ⅱ』(共立出版)、『情報システム学へのいざない』(共著、培風館)、『情報システムの分析と設計―SSADMとその実践―』(共訳、培風館)

目次

第1部:プロジェクトの基本的な概念

1. プロジェクトの基本用語の理解

2. プロジェクトマネジメントの歴史的背景とその発展

3. プログラムマネジメントの概念と理解

4. システムとシステムズマネジメント

第2部:実務から学ぶプロジェクトの本質と理論

5. プロジェクトの資源の確保

6. プロジェクトの組織と管理

7. プロジェクトとコミュニケーション

8. 情報資源と情報マネジメント

9. 戦略とプログラム

第3部:プロジェクトへの挑戦

10. グループウェアとプロジェクト活動

11. プロジェクトの目標と管理

12. リスクの分析と評価

13. プロジェクトの多面性と関係分析

14. プロジェクト価値の認識と評価

15. プロジェクトマネジメントの実践

付録/演習問題ヒント・解答集/用語解説

Home 書籍一覧 プロジェクトの概念 第2版:プロジェクトマネジメントの知恵に学ぶ ▲ ページトップへ戻る