試験公開中

このエントリーをはてなブックマークに追加

実践的ソフトウェア工学:実践現場から学ぶソフトウェア開発の勘所(トップエスイー入門講座1)

近代科学社

2,500円+税

本書は著者が長く開発の第一線で活躍してきた中で、理論と経験を現場で活かせる知識として体系化した、実践に使えるソフトウェア工学の解説書。エンジニアの目からウロコの1冊です。

【注意】本書のEPUB版は固定レイアウト型になっております。文字の大きさの変更や検索、引用などはお使いいただけません。画面の大きい端末でご利用ください。

関連サイト

本書の関連ページが用意されています。

内容紹介

ありそうで無かった解説書!机上の理論ではなく、開発の現場で活かせる実践的知識と理論の体系化! ソフトウェア開発の裏表を知り尽くした現役エンジニアが語る基本とエッセンス! ソフトウェア工学は、ソフトウェア開発に内在する課題や問題を解決する土台となる基礎知識。しかし、様々な要素が複雑に絡まる開発現場では、抽象化された理論では対応しきれない面があることも否定できない。本書は著者が長く開発の第一線で活躍してきた中で、理論と経験を現場で活かせる知識として体系化した、実践に使えるソフトウェア工学の解説書。エンジニアの目からウロコの1冊です。

書誌情報

  • 著者: 本位田 真一, 石田 晴久(監修), 浅井 治(著)
  • 発行日: (紙書籍版発行日: 2008-09-30)
  • 最終更新日: 2018-03-23
  • バージョン: 1.0.0
  • ページ数: 225ページ(PDF版換算)
  • 対応フォーマット: PDF, EPUB
  • 出版社: 近代科学社

対象読者

ソフトウェア工学,ソフトウェアライフサイクル,ソフトウェア分析,開発プロセス,モデリング,要件定義,設計,コーディング,テスト手法,デバッグ,SWEBOK,特許,法律,規格に興味がある人

著者について

本位田 真一

1978年 早稲田大学大学院理工学研究科博士前期課程 修了
1978年 株式会社 東芝
現 在 国立情報学研究所 教授・東京大学大学院情報理工学系研究科 教授 工学博士

石田 晴久

1959 年 東京大学理学部物理学科卒業
1964 年 アイオワ州立大学電気工学科大学院博士課程修了 Ph.D.
1964 年 MIT(マサチューセッツ工科大学)研究員
1966 年 電気通信大学助教授
1970 年 東京大学大型計算機センター助教授
1975 年 AT&T Bell 研究所客員研究員
1982 年 東京大学大型計算機センター教授
1997 年 東京大学名誉教授
2007 年 サイバー大学IT 総合学部長
2009 年 没
慶應義塾大学教授や多摩美術大学教授なども歴任.

浅井 治

1982 年 名城大学理工学部電気工学科卒業
1982 年 日立プロセスコンピュータエンジニアリング株式会社
現 在 ソフトバンクモバイル株式会社
専門は,ソフトウェア開発,セキュリティ,プロジェクトマネジメント,IT 教育研修.趣味は,読書,ドライブ,DIY.
資格は,MCSE,Oracle Master,IT コーディネータ,PMP など.

目次

第0章 はじめに

第1章 ソフトウェア工学とは

第2章 ソフトウェアライフサイクル

第3章 ソフトウェア分析

第4章 開発プロセス

第5章 モデリング

第6章 要件定義

第7章 設計

第8章 コーディング

第9章 テスト手法

第10章 デバッグ

第11章 SWEBOK

第12章 特許

第13章 法律

第14章 各種の規格との関連

参考図書

推薦図書

練習問題の解答

付録・関連用語

Home 書籍一覧 実践的ソフトウェア工学:実践現場から学ぶソフトウェア開発の勘所(トップエスイー入門講座1) ▲ ページトップへ戻る