試験公開中

このエントリーをはてなブックマークに追加

P値 その正しい理解と適用

近代科学社

2,200円+税

P値をしっかり理解し、正しく適用する! 今日、P値は統計を使用する分野で日常的に使用されいるが、間違った理解のもと誤用される場合も増えている。P値の誤用を防ぐためには何が必要か?

【注意】本書のEPUB版は固定レイアウト型になっております。文字の大きさの変更や検索、引用などはお使いいただけません。画面の大きい端末でご利用ください。

関連サイト

本書の関連ページが用意されています。

内容紹介

P値をしっかり理解し、正しく適用する!

今日、P値は統計を使用する分野で日常的に使用されいるが、間違った理解のもと誤用される場合も増えている。特に医療系分野においては、データの不確実性は深刻である。このP値の誤用を防ぐためには何が必要か? 本書は、データの見方・扱い方の基本からP値を解説したテキストである。

書誌情報

  • 著者: 柳川 堯
  • 発行日: (紙書籍版発行日: 2018-11-28)
  • 最終更新日: 2018-11-28
  • バージョン: 1.0.0
  • ページ数: 133ページ(PDF版換算)
  • 対応フォーマット: PDF, EPUB
  • 出版社: 近代科学社

対象読者

P値,有意水準,帰無仮説,確率,統計,数学に興味がある人

著者について

柳川 堯

久留米大学バイオ統計センター所長,教授を歴任し,現在,客員教授

目次

1. 基本的事項

2. P値とは?

3. P値の誤用

4. P値の算出

5. 統計的推論と統計的判定:真の検定を求めて

6. サンプルサイズの決定

7. P値と検出力

8. P値の統合:メタアナリシス

9. 検定の多重性調整P値

Home 書籍一覧 P値 その正しい理解と適用 ▲ ページトップへ戻る