試験公開中

このエントリーをはてなブックマークに追加

MicrosoftOffice2019を使った情報リテラシーの基礎

近代科学社

2,500円+税

プロジェクトサイクル(PDCA)を題材に情報リテラシーを学ぶ!多くの大学・高専で教科書として採用されている、『MicrosoftOfficeを使った情報リテラシーの基礎』シリーズの2019対応版。

【注意】本書のEPUB版は固定レイアウト型になっております。文字の大きさの変更や検索、引用などはお使いいただけません。画面の大きい端末でご利用ください。

関連サイト

本書の関連ページが用意されています。

内容紹介

本書は、プロジェクトサイクル(PDCA)を題材に情報リテラシーを学ぶための教科書である。Officeソフトを使ったレポートの書き方、発表の仕方、情報分析手順、情報倫理を具体的に解説する。また、地域と共に行うプロジェクトを想定し、現在注目されているプロジェクト学習のイメージを初学年次から体験できるように工夫している。

Microsoft Office 2019版と365版との違いについて触れており、また、Windows 10 May 2019 Updateにも対応し、最新の環境でも学ぶ事ができる。

書誌情報

  • 著者: 切田 節子, 新 聖子, 山岡 英孝, 乙名 健, 長山 恵子
  • 発行日: (紙書籍版発行日: 2019-11-30)
  • 最終更新日: 2019-11-30
  • バージョン: 1.0.0
  • ページ数: 329ページ(PDF版換算)
  • 対応フォーマット: PDF, EPUB
  • 出版社: 近代科学社

対象読者

情報リテラシー,情報処理,問題解決能力,情報倫理,情報分析,プレゼンテーション,レポートの書き方,発表の仕方,Word,Excel,PowerPoint,プロジェクト学習,PDCAサイクル,PDCAに興味がある人

著者について

切田 節子

1969年 白百合女子大学文学部 卒業
現在 フリー・インストラクター
元 玉川大学学術研究所 准教授

新 聖子

2006年 金沢工業大学大学院工学研究科博士後期課程 修了
現在 金沢工業大学基礎教育部 准教授

山岡 英孝

2005年 京都大学大学院情報学研究科数理工学専攻博士課程 修了
現在 金沢工業大学基礎教育部 准教授

乙名 健

1970年 大阪大学工学部 卒業
元 日本アイ・ビー・エム株式会社 研修スペシャリスト
元 玉川大学 非常勤講師
元 工学院大学 非常勤講師

長山 恵子

1986年 慶応義塾大学文学部図書館情報学科 卒業
現在 金沢工業大学基礎教育部 准教授

目次

第1章 情報化社会とリテラシー

第2章 ソフトウェアの基本操作

第3章 Wordによる文書処理

第4章 Excelによる表計算とデータベース

第5章 PowerPointによるプレゼンテーション

Home 書籍一覧 MicrosoftOffice2019を使った情報リテラシーの基礎 ▲ ページトップへ戻る