試験公開中

このエントリーをはてなブックマークに追加

現代暗号の誕生と発展 ポスト量子暗号・仮想通貨・新しい暗号

近代科学社

3,200円 1,600円+税 《特価》

40年余り前に誕生してから現在に至るまで大きく発展し続けている現代暗号の世界を(前提知識を必要としないで)できるだけ平易に解説する。本文では極力数式等は用いずに解説を行う一方、いくつかの重要な技術については、より詳細な説明を付録で行っている。

【注意】本書のEPUB版は固定レイアウト型になっております。文字の大きさの変更や検索、引用などはお使いいただけません。画面の大きい端末でご利用ください。

関連サイト

本書の関連ページが用意されています。

内容紹介

本書は、40年余り前に誕生してから現在に至るまで大きく発展し続けている現代暗号の世界を(前提知識を必要としないで)できるだけ平易に解説する。本文では極力数式等は用いずに解説を行う一方、いくつかの重要な技術については、より詳細な説明を付録で行っている。

書誌情報

  • 著者: 岡本 龍明
  • 発行日: (紙書籍版発行日: 2019-01-31)
  • 最終更新日: 2019-01-31
  • バージョン: 1.0.0
  • ページ数: 262ページ(PDF版換算)
  • 対応フォーマット: PDF, EPUB
  • 出版社: 近代科学社

対象読者

現代暗号、仮想通貨、ビットコイン、ブロックチェーン、ポスト量子暗号、ネットワーク、ゼロ知識証明、格子暗号、完全準同型暗号、関数型暗号に興味がある人

著者について

岡本 龍明

1976年 東京大学工学部計数工学科卒業
1978年 東京大学工学系研究科計数工学専門課程修士修了
同年 日本電信電話公社入社
1989年-1990 年Waterloo 大学客員助教授
1994年-1995 年AT&T Bell Laboratories 客員研究員
現在 日本電信電話株式会社フェロー,工学博士
主要著書:『暗号・ゼロ知識証明・数論』(共著,共立出版,1995)『現代暗号』(共著,産業図書,1997)『公開鍵暗号の数理』(共著,共立出版,2011)『量子計算』(共著,近代科学社,2015)

目次

第1章 現代暗号の誕生:公開鍵暗号の発見と暗号標準化

第2章 現在のネットワークで使われている暗号

第3章 現代暗号の理論

第4章 ビットコインの誕生:電子マネー革命

第5章 ポスト量子暗号

第6章 新しい暗号:進化発展する公開鍵暗号

付録A 準備

付録B インターネットと仮想通貨で使われている代表的な暗号方式

付録C 仮想通貨で利用されるゼロ知識証明

付録D 格子暗号の実現例

付録E 完全準同型暗号の実現例

付録F 関数型暗号の実現例

Home 書籍一覧 現代暗号の誕生と発展 ポスト量子暗号・仮想通貨・新しい暗号 ▲ ページトップへ戻る