試験公開中

このエントリーをはてなブックマークに追加

数学の道具箱 Mathematica 基本編

近代科学社

3,800円+税

本書は、高校から大学初年級の数学で学んだことが、Mathematicaではどのように扱われるのかを、具体的に数式とコマンドを対比しながら解説してゆく。後半では実務に使われる数式や、3D手法などをどのように処理すべきか丁寧に解き明かす。Ver10に対応した新しいコマンドの利用方法なども説明。

関連サイト

本書の関連ページが用意されています。

内容紹介

Mathematica 最新版 Ver10 対応の入門書!Mathematicaは、数式処理ソフトの定番として、数多くのメーカー、研究所、大学で活用されており、個人向けにも安価に提供されている大変強力なソフトである。

本書は、高校から大学初年級の数学で学んだことが、Mathematicaではどのように扱われるのかを、具体的に数式とコマンドを対比しながら解説してゆく。後半では実務に使われる数式や、3D手法などをどのように処理すべきか丁寧に解き明かす。Ver10に対応した新しいコマンドの利用方法なども説明。初心者はもちろん、Ver10を新たに導入したユーザーにも必携の書である。

書誌情報

  • 著者: 宮岡悦良
  • 発行日: (紙書籍版発行日: 2016-04-30)
  • 最終更新日: 2016-04-30
  • バージョン: 1.0.0
  • ページ数: 465ページ(PDF版換算)
  • 対応フォーマット: PDF, EPUB
  • 出版社: 近代科学社

対象読者

Mathematica、数式などに興味のある方

著者について

宮岡悦良

1987年:カリフォルニア大学バークレー校大学院博士課程修了
現  在:東京理科大学理学部教授 Ph. D.

目次

第0章 始めに

第1章 とにかく計算してみよう

第2章 とにかくグラフを描いてみよう

第3章 リストとテーブル

第4章 絵を描いてみよう

第5章 数と式

第6章 方程式の解法

第7章 集合・論理・個数の処理

第8章 関数I

第9章 関数II

第10章 極限

第11章 微分

第12章 積分

第13章 ベクトルと行列

第14章 平面図形

第15章 立体図形

付録 A, B, C, D

Home 書籍一覧 数学の道具箱 Mathematica 基本編 ▲ ページトップへ戻る