試験公開中

このエントリーをはてなブックマークに追加

Linuxで作る簡単バックアップサーバー~入門Bacula

インプレスR&D

1,600円+税

LinuxのオープンソースであるバックアップソフトウェアBaculaの入門書。基本的な設定方法、便利なWebGUIの導入手順、その他活用法などを解説しています。

関連サイト

本書の関連ページが用意されています。

内容紹介

本書はLinuxのオープンソースであるバックアップソフトウェアBacula(バキュラ)の入門書です。Baculaの基本的な設定方法、便利なWebGUIの導入手順、その他活用法などを解説しています。またBaculaだけに限らず、バックアップの一般的な基礎知識、差分、増分、フルバックアップの違いなどにも紹介。Windows、Mac、Linuxなどのバックアップを取得が可能なオープンソースソフトBaculaで手軽にバックアップ環境を構築しましょう。

書誌情報

  • 著者: 澤田 健
  • 発行日: (紙書籍版発行日: 2020-01-31)
  • 最終更新日: 2020-01-31
  • バージョン: 1.0.0
  • ページ数: 132ページ(PDF版換算)
  • 対応フォーマット: PDF, EPUB
  • 出版社: インプレスR&D

対象読者

バックアップ,Linux,Windows,Mac,リストア,レストア,サーバー,エージェントに興味がある人

著者について

澤田 健

都内某SIerに勤務。2012年から2017年までオープンソースのサポート業務に従事。業務の一環でBaculaを知る。Baculumの日本語化言語ファイル提供。現在はインフラエンジニアとして日々奮闘中。

目次

第1章 Baculaで何ができる?

第2章 今更聞けないバックアップの基本

第3章 Baculaの基礎知識

第4章 本書のBacula構成

第5章 Baculaサーバー構築(CentOS7編)

第6章 Baculaサーバ構築(Ubuntu18.04編)

第7章 Bacula設定ファイルのサンプル

第8章 Baculaサーバーの設定

第9章 Baculaサーバーの起動と停止

第10章 エージェントのインストール

第11章 バックアップをとってみよう

第12章 リストアしてみよう

第13章 Web GUIのBaculumを使ってみよう

第14章 バックアップが失敗!その時通知したい

第15章 便利な使い方

第16章 一歩踏み込んだBaculaの使い方

第17章 Baculaサーバーのバージョンアップについて

第18章 Baculaサーバー自体をリストアする

第19章 カタログが壊れた場合のバックアップデータ復旧

第20章 今後のBaculaについて

Home 書籍一覧 Linuxで作る簡単バックアップサーバー~入門Bacula ▲ ページトップへ戻る