試験公開中

このエントリーをはてなブックマークに追加

グラフ・ネットワークアルゴリズムの基礎 ―数理とCプログラム

近代科学社

2,700円+税

グラフ・ネットワークアルゴリズムの背後に横たわる数理を例題と図を多用して,直観的なイメージを抱いて思考を巡らせながら理解できる.ほとんどのアルゴリズムにC言語によるプログラムを与え,結果を確認できるようにしている.また、各章での内容を復習できるように,章末の演習問題と多くの解答例を付している.

関連サイト

本書の関連ページが用意されています。

内容紹介

グラフ・ネットワークアルゴリズムの基礎をしっかり理解!!

グラフ・ネットワークアルゴリズムの背後に横たわる数理を,例題と図を多用して,直観的なイメージを抱いて思考を巡らせながら理解できるよう,配慮.また,ほとんどのアルゴリズムにC言語によるプログラムを与え,出力結果を確認できるようにしている.さらに,各章での内容を効果的に復習できるように,章末の演習問題とともに多くの問題でその解答例を付している.

また,著者の『アルゴリズムの基礎とデータ構造:数理とC プログラム』の続編でもある.

アルゴリズムの基礎を学んだ読者が,より有用性のあるグラフ・ネットワークアルゴリズムを習得するためには必携の良書である.

書誌情報

  • 著者: 浅野 孝夫
  • 発行日: (紙書籍版発行日: 2017-04-30)
  • 最終更新日: 2017-04-30
  • バージョン: 1.0.0
  • ページ数: 248ページ(PDF版換算)
  • 対応フォーマット: PDF, EPUB
  • 出版社: 近代科学社

対象読者

アルゴリズム、グラフ・ネットワークなどに興味のある方

著者について

浅野 孝夫

1977年 東北大学大学院工学研究科電気及通信工学専攻修了(工学博士)
1977年 東北大学工学部通信工学科助手
1980年 東京大学工学部計数工学科講師
1985年 上智大学理工学部機械工学科助教授
1992年 中央大学理工学部情報工学科教授 現在に至る
主要著書・訳書『情報数学』(コロナ社,2009 年)、『離散数学』(サイエンス社,2010 年)、『アルゴリズムの基礎とデータ構造』(近代科学社,2017 年)、『組合せ最適化』(共訳,丸善出版,2012 年)、『ネットワーク・大衆・マーケット』(共訳,共立出版,2013 年)、『近似アルゴリズムデザイン』(共立出版,2015 年)

目次

1.グラフ表現のデータ構造

2.グラフ探索のアルゴリズム

3.有向グラフの強連結成分分解

4.トポロジカルソートと最長パス

5.オイラーグラフと一筆書き

6.二部グラフの最大マッチング

7.最短パス

8.全点間の最短パス問題

9.最小全点木

10.最大フローと最小カット

11.ディニッツの最大フローアルゴリズム

12.需要付きフローと下界付きフロー

13.最小費用フロー問題

14.フロー問題の線形計画問題定式化

Home 書籍一覧 グラフ・ネットワークアルゴリズムの基礎 ―数理とCプログラム ▲ ページトップへ戻る