試験公開中

このエントリーをはてなブックマークに追加

Elixirへのいざない

インプレスR&D

1,600円+税

本書は、動的な関数型言語であるElixirのフレームワークである『Phoenix LiveView』と『Nerves』について、『実際にさわって体験をしてみる』ことを主眼とした解説書です。

関連サイト

本書の関連ページが用意されています。

内容紹介

本書は、動的な関数型言語であるElixirのフレームワークである『Phoenix LiveView』と『Nerves』について、『実際にさわって体験をしてみる』ことを主眼とした解説書です。Phoenix LiveViewを利用してサーバサイドのみでSPAのWebアプリ構築を、Nervesを利用してIoT機器の操作方法を知ることができます。

書誌情報

  • 著者: 川邑 リュウ
  • 発行日: (紙書籍版発行日: 2020-06-05)
  • 最終更新日: 2020-06-05
  • バージョン: 1.0.0
  • ページ数: 96ページ(PDF版換算)
  • 対応フォーマット: PDF, EPUB
  • 出版社: インプレスR&D

対象読者

関数型,IoT,Nerves,GPIOに興味がある人

著者について

川邑 リュウ

関東のうさまらー。のんびりごろごろ、ネコ、うさまる、技術の話は大好きです。最近の好きな言語はGolangとElixir。しがない独立系SIerで業務では主にRuby、SNMP、RRDtoolなどを利用してます

目次

第1章 Elixirを体験する

第2章 Mixを体験する

第3章 Phoenixを体験する

第4章 Phoenix LiveViewを体験する

第5章 Nervesを体験する

Home 書籍一覧 Elixirへのいざない ▲ ページトップへ戻る