試験公開中

このエントリーをはてなブックマークに追加

『テクニウム』を超えて――ケヴィン・ケリーの語るカウンターカルチャーから人工知能の未来まで

インプレスR&D

600円+税

世界中で話題になった著作『テクニウム』(みすず書房)の著者ケヴィン・ケリーの来日に際し、日本版の訳者で友人でもある服部 桂が進化するテクノロジーと人の関わり、また、ケヴィン・ケリーが『テクニウム』を書くに至った背景も聞き、まとめました。

ページサンプル閲覧

以下はPDF版の先頭ページなどから、一部を抜粋して縮小した画像です。
(※EPUB版を提供している書籍の場合、基本的に内容は同じですが、見映えは異なります。 またお使いのEPUBリーダによっても見え方は大きく異なることがあります。)

Home 書籍一覧 『テクニウム』を超えて――ケヴィン・ケリーの語るカウンターカルチャーから人工知能の未来まで ▲ ページトップへ戻る