試験公開中

このエントリーをはてなブックマークに追加

やわらかYARA入門 今日からはじめるYARAのきほん

インプレスR&D

1,760円 (1,600円+税)

本書はオープンソースのマルウェア検知・解析ツール「YARA」に興味があり、これから勉強を始めようと思っている⽅を対象に、YARAルールの基本的な書き⽅をわかりやすく紹介することを⽬的としています。

関連サイト

本書の関連ページが用意されています。

内容紹介

本書はオープンソースのマルウェア検知・解析ツール「YARA」に興味があり、これから勉強を始めようと思っている⽅を対象に、YARAルールの基本的な書き⽅をわかりやすく紹介することを⽬的としています。

本書では⾃分が初めてYARA を学んだ時に欲しかった1冊をテーマに、⽇本語で、かつ可能な限りサンプルルールを⽤いた構成としています。この本が、これから初めてYARA ルールを書く⽅の最初の⼀歩の助けになることを願っています。

書誌情報

  • 著者: 柏原 幸隆
  • 発行日: (紙書籍版発行日: 2021-11-05)
  • 最終更新日: 2021-11-05
  • バージョン: 1.0.0
  • ページ数: 138ページ(PDF版換算)
  • 対応フォーマット: PDF, EPUB
  • 出版社: インプレスR&D

対象読者

マルウェア,脆弱性,オープンソース,YARA,技術書典,同人誌,セキュリティ,検知,解析に興味がある人

著者について

柏原 幸隆

1995年、東京都生まれ。尊敬する先輩から手ほどきを受けたことをきっかけにYARAに出会い、YARAのOSSリポジトリへのコントリビューション活動を始める。普段はセキュリティ関連企業でテクニカルサポート業務に従事しつつ、休日には CTF や競技プログラミングコンテストに参加。得意な CTF のジャンルは Reversing 。また、フードロス問題の解決を目指す NPO 法人でプロボノエンジニアとしても活動している。
Github:@kash1064
Twitter:@yuki_kashiwaba

目次

第1章 環境構築

第2章 YARAの基本

第3章 stringsセクション

第4章 conditionセクション

第5章 YARAのモジュールを利用する

第6章 PEモジュール

第7章 ELFモジュール

第8章 yara-python

付録A:YARAのデザインについて

Home 書籍一覧 やわらかYARA入門 今日からはじめるYARAのきほん ▲ ページトップへ戻る