試験公開中

このエントリーをはてなブックマークに追加

誰でもつかえる!ウェブフォント実践マニュアル

インプレスR&D

1,200円+税

本書は日本語でのウェブフォントを使う際の様々な最適化の手法について詳しく紹介しています。「重い」「使いにくい」といったウェブフォントへの抵抗感を払拭し、ウェブサイトを「おしゃれ」に楽しみましょう。

関連サイト

本書の関連ページが用意されています。

内容紹介

【ウェブフォントの基礎から最適化まで、なんでもござれの一冊!これを読めばあなたもウェブフォントマスター!】

本書は日本語でのウェブフォントを使う際の様々な最適化の手法について詳しく紹介しています。「重い」「使いにくい」といったウェブフォントへの抵抗感を払拭し、ウェブサイトを「おしゃれ」に楽しみましょう。

書誌情報

  • 著者: 大木 尊紀
  • 発行日: (紙書籍版発行日: 2018-07-13)
  • 最終更新日: 2018-07-13
  • バージョン: 1.0.0
  • ページ数: 42ページ(PDF版換算)
  • 対応フォーマット: PDF, EPUB
  • 出版社: インプレスR&D

対象読者

ウェブフォントを使いたいと思っているフロントエンドエンジニア、ウェブデザイナー

著者について

大木 尊紀

都内で働くフロントエンドエンジニア。猫、温泉、ゲーム、ロボットアニメ、自転車、フォントが好き。最近はReactとかVue.jsとかPolymerとかを書いている。好きなフォントはチェックポイントリベンジ、機械彫刻用標準書体、ラグランパンチ、源柔ゴシック。

目次

第1章 ウェブフォントについて

  • 1.1 ウェブフォントとは?
  • 1.2 ウェブフォントのメリット、デメリット
  • 1.3 フォントデータの中身
  • 1.4 ウェブフォントの形式

第2章 ウェブフォントを使う

  • 2.1 自前で用意する場合
  • 2.2 その他の方法

第3章 ウェブフォント最適化

  • 3.1 ウェブフォントとクリティカルレンダリングパス
  • 3.2 各ブラウザの挙動の違い
  • 3.3 ウェブフォントでよくある問題
  • 3.4 CSSによる最適化
  • 3.5 JavaScriptによる最適化
  • 3.6 キャッシュによる最適化
  • 3.7 preloadによる最適化
  • 3.8 最適化チェックリスト

付録A フリーフォントのライセンスについて

  • A.1 ウェブフォントの扱い
  • A.2 ウェブフォントとして利用可能なライセンス
  • A.3 著作権侵害をしないために気をつけることリスト

付録B おすすめの日本語フリーフォント

Home 書籍一覧 誰でもつかえる!ウェブフォント実践マニュアル ▲ ページトップへ戻る