試験公開中

このエントリーをはてなブックマークに追加

VRビジネス調査報告書2018

インプレス

68,000円+税

エンターテインメントに限らず、VRの業務での活用が進み始めています。本報告書は、このVRのビジネス活用に焦点をあてて、市場の全体動向、産業別の動向、関連企業の動向、消費者の体験状況などを多角的に調査しまとめたものです。

【注意】本書のEPUB版は固定レイアウト型になっております。文字の大きさの変更や検索、引用などはお使いいただけません。画面の大きい端末でご利用ください。

関連サイト

本書の関連ページが用意されています。

内容紹介

エンターテインメントに限らず、VRの業務での活用が進み始めています。企業の研修やトレーニング、設計・デザイン、不動産の内見など、BtoB、BtoBtoCのどちらでも様々な分野で活用し、業務の課題解決、生産効率の向上、顧客満足度の向上等への取組が始められています。本報告書は、このVRのビジネス活用に焦点をあてて、市場の全体動向、産業別の動向、関連企業の動向、消費者の体験状況などを多角的に調査しまとめたものです。
第1章「VR市場の概要」では、VRの定義やデバイス、配信プラットフォームなどの基本を解説した上で、VRの業務活用の現状、市場規模、課題、今後の展望について解説します。
第2章「産業分野別の現状と展望」では、「建設・不動産」「製造業」から「周辺サービス」までの12分野のそれぞれの用途別に、現況、メリット、主なプレイヤーやサービス、課題についてまとめています。また、幾つかの用途については、市場成長性も掲載しています。
第3章「企業動向」では、VRに関連する代表的な企業や特徴的な企業について、取組概要や今後の展望を掲載しています。
第4章「VR体験に関するユーザー調査」ではモバイルユーザーに対して実施したアンケート調査の結果を掲載しています。約1万に対してVRの認知度や使用の経験を聞くとともに、実際にVRを体験した約1000人に対しては、体験した場所や内容、満足度、所有するデバイスや購入意向、さらには勤務先での業務活用の可能性などについて、まとめています。
第5章「主要なVR/MR/ARデバイス」では、デバイスをハイエンド、スタンドアローン、モバイルハイエンド、モバイルローエンド、MR、ARに区分して、計16機種について解説しています。

書誌情報

  • 著者: 森田秀一, インプレス総合研究所
  • 発行日: (紙書籍版発行日: 2018-01-29)
  • 最終更新日: 2018-01-29
  • バージョン: 1.0.0
  • ページ数: 248ページ(PDF版換算)
  • 対応フォーマット: PDF, EPUB
  • 出版社: インプレス

対象読者

著者について

森田秀一

1976年埼玉県生まれ。学生時代から趣味でパソコンに親しむ。大学卒業後の1999 年に文具メーカーへ就職。営業職を経験した後、インプレスのウェブニュースサ イトで記者職に従事した。2003年ごろからフリーランスライターとしての活動を 本格化。おもに「INTERNET Watch」「ケータイ Watch」で、ネット、動画配信、携帯電話などの取材レポー トを執筆する。近著は「動画配信ビジネス調査報告書 2017」「ウェアラブルビジネス調査報告書2016」(インプレス総合研究所)。

目次

はじめに

目次

第1章  VR市場の概要

  • 1.1 VRとは
  • 1.1.1 VRの定義・ARやMRとの違い
  • 1.1.2 VR用デバイスのタイプ
  • 1.1.3 VRの配信プラットフォーム
  • 1.2 VRビジネスの現状
  • 1.2.1 ビジネスにおけるVRの有効性
  • 1.2.2 業務活用における付加価値や効果
  • 1.2.3 VRビジネスのレイヤー別の概略と代表的なプレイヤー
  • 1.2.4 最新概況
  • 1.3 VRの市場規模
  • 1.3.1 VR市場規模の推移
  • 1.3.2 分野別のVR市場規模
  • 1.3.3 VR/AR領域への投資額
  • 1.4 VRの課題と今後の展望
  • 1.4.1 VRを取り巻く環境が抱える課題
  • 1.4.2 VR本体の課題
  • 1.4.3 今後の展望

第2章 産業分野別の現状と展望

  • 2.1 建設・不動産
  • 2.1.1 構造物の設計・デザイン
  • 2.1.2 不動産販売・住宅内見
  • 2.1.3 内装設計/デザイン・家具配置
  • 2.1.4 建設重機の遠隔操作
  • 2.1.5 街づくり
  • 2.1.6 進捗管理
  • 2.2 製造業
  • 2.2.1 設計・デザイン
  • 2.2.2 工場・生産ラインレイアウト設計・検証
  • 2.3 物流・倉庫
  • 2.3.1 レイアウト設計
  • 2.3.2 ピッキングサポート
  • 2.4 小売・サービス
  • 2.4.1 VRコマース
  • 2.4.2 自動車試乗体験、評価・確認
  • 2.4.3 バーチャルフィッティング
  • 2.4.4 VRウェディング
  • 2.5 教育・トレーニング
  • 2.5.1 企業研修・トレーニング
  • 2.5.2 体験学習、STEAM教材
  • 2.6 観光・イベント
  • 2.6.1 擬似旅行体験・バーチャルトリップ
  • 2.6.2 観光道案内
  • 2.6.3 観光情報表示
  • 2.7 点検・メンテナンス
  • 2.7.1 遠隔作業支援
  • 2.7.2 作業ガイド
  • 2.8 エンターテインメント
  • 2.8.1 アミューズメント施設
  • 2.8.2 エンターテインメント鑑賞
  • 2.9 医療
  • 2.9.1 トレーニング
  • 2.9.2 遠隔医療教育
  • 2.9.3 施術支援
  • 2.9.4 新治療法の確立
  • 2.9.5 薬剤ピッキング支援
  • 2.10 プロモーション
  • 2.10.1 ブランド・商品・サービスプロモーション
  • 2.11 スポーツ
  • 2.11.1 トレーニング
  • 2.11.2 リアル観戦での情報表示
  • 2.11.3 スポーツ中継観戦
  • 2.12 周辺サービス
  • 2.12.1 機材レンタル
  • 2.12.2 コンテンツ品質検証
  • 2.12.3 コンテンツ制作スクール・教育
  • 2.12.4 コンテンツ開発キット
  • 2.12.5 広告プラットフォーム
  • 2.12.6 解析
  • 2.12.7 マーケティング

第3章 企業動向

  • 3.1 端末メーカー・プラットフォーム
  • 3.1.1 日本マイクロソフト
  • 3.1.2 エプソン
  • 3.1.3 ハコスコ
  • 3.1.4 キヤノン/キヤノンITソリューションズ
  • 3.2 ソリューション・サービス提供企業
  • 3.2.1 クリーク・アンド・リバー社
  • 3.2.2 グリー
  • 3.2.3 積木製作
  • 3.2.4 ホームスステージングジャパン
  • 3.2.5 エスキュービズム
  • 3.2.6 NEC
  • 3.2.7 NTTデータ

第4章 VR体験に関するユーザー調査

  • 4.1 調査概要
  • 4.2 留意事項
  • 4.2.1 集計方法について
  • 4.2.2 誤差について
  • 4.3 回答者のプロフィール
  • 4.3.1 体験率調査
  • 4.3.2 VR体験者への実態調査
  • 4.4 モバイルユーザーのVR体験率調査
  • 4.4.1 VR/MR/ARの認知度
  • 4.4.2 VR用ヘッドセットを見た経験
  • 4.4.3 360度画像や360度動画を見た経験
  • 4.4.4 VR体験の経験率
  • 4.4.5 ARコンテンツの利用率
  • 4.4.6 利用しているARコンテンツ
  • 4.5 モバイルユーザーのVR体験の実態調査
  • 4.5.1 体験場所
  • 4.5.2 体験した内容
  • 4.5.3 利用したヘッドセットの入手方法
  • 4.5.4 VR体験のきっかけ
  • 4.5.5 VR体験への金額支出の経験の有無
  • 4.5.6 VR体験の満足度
  • 4.5.7 店頭等でのVR体験による商品やサービスの理解度の変化
  • 4.5.8 店頭等でのVR体験によるイメージや評価の変化
  • 4.5.9 ヘッドセットの所有率と所有機器名
  • 4.5.10 ヘッドセットの購入意向
  • 4.5.11 ヘッドセットを購入したくない理由
  • 4.5.12 VR体験のリピート意向
  • 4.5.13 今後VR体験をしたくない理由
  • 4.5.14 今後体験したいVRの内容
  • 4.5.15 勤務先の企業でVRを活用できる可能性
  • 4.5.16 勤務先企業で活用の可能性のある用途

第5章  主要なVR/MR/ARデバイス

  • 5.1 ハイエンド VRヘッドセット
  • 5.1.1 HTC VIVE
  • 5.1.2 Oculus Rift
  • 5.1.3 PlayStation VR
  • 5.1.4 Windows Mixed Reality Headset
  • 5.1.5 Fove 0
  • 5.2 スタンドアローン VRヘッドセット
  • 5.2.1 IdeaLensK2+
  • 5.2.2 Oculus GO
  • 5.2.3 Vive Focus
  • 5.3 モバイルハイエンド VRヘッドセット
  • 5.3.1 Gear VR
  • 5.3.2 LINK
  • 5.3.3 Daydream View
  • 5.4 モバイルローエンド VRゴーグル
  • 5.4.1 ハコスコ
  • 5.5 MRヘッドセット
  • 5.5.1 HoloLens
  • 5.5.2 MREALLディスプレイ MD-10
  • 5.6 ARスマートグラス
  • 5.6.1 MOVERIO Pro
  • 5.6.2 ビュージックスM100/M300

STAFF

Home 書籍一覧 VRビジネス調査報告書2018 ▲ ページトップへ戻る