試験公開中

このエントリーをはてなブックマークに追加

ゲーム開発に役立つUnity C#スクリプトCookbook  命令詳細解説と機能別スクリプト集

インプレスR&D

3,000円+税

Unityの命令の詳細解説と要点を押さえた機能別サンプルスクリプトからなるCookbookです。主にUnityの機能をスクリプトで操作する方法を解説しています。

関連サイト

本書の関連ページが用意されています。

内容紹介

本書は、Unityの命令の詳細解説と要点を押さえた機能別サンプルスクリプトからなるCookbookです。主にUnityの機能をスクリプトで操作する方法を解説しています。

本書の主な特色を次に示します。

(1) 命令に関する汎化した書式と具体的事例の提示: すべての命令の解説において、汎化した書式を示し、それに対して具体的で要点が理解しやすいスクリプトの例示を対応させ、詳細に解説しています。リファレンスとしても利用可能です。

(2) 最新でやや高度な機能に関する解説: 自作ゲームには導入したい機能でありながら、入門書ではあまり扱っていない、最新でやや高度な機能を精選し、詳細に解説しています。
例)布地(クロス)のシミュレーション、アニメーションのブレンドツリー、コルーチン、モバイル端末のセンサー、Cinemachineによるカメラ操作、ゲームデータJSON形式の扱いなど

(3) ベクトルの知識とゲームへの適用例に関する解説: ゲームオブジェクトを操作するスクリプトを記述するには、ベクトルの理解が不可欠です。本書では、Unityの座標系、ベクトルの基礎、クォータニオン、ベクトル演算について、ゲームでの適用例と共に解説しています。また、サンプルスクリプト内においても、ベクトルを適切に使用しています。

(4) プログラミング作法に従ったスクリプト: マジックナンバーの回避、ガード節の適切な利用など、プログラミング作法に留意して作成したサンプルスクリプトを提示しています。

書誌情報

  • 著者: 多田 憲孝
  • 発行日: (紙書籍版発行日: 2020-11-06)
  • 最終更新日: 2020-11-06
  • バージョン: 1.0.0
  • ページ数: 390ページ(PDF版換算)
  • 対応フォーマット: PDF, EPUB
  • 出版社: インプレスR&D

対象読者

基本シーン,Unityの座標系,ベクトル,ゲームオブジェクト,オイラー角,クォータニオン,テキストボックス,チェックボックス,トグル,スライダー,ドロップダウン,ブレンドツリー,コルーチン,タッチスクリーン,姿勢センサー,ビルド,ライト,環境光,ゲームデータ,ジャイロスコープに興味がある人

著者について

多田 憲孝

新潟工業短期大学教授、大阪国際大学教授を経て、現在プログラミングスクール「Wonder Processor」代表。大阪国際大学名誉教授。1972年よりFortran言語でプログラミングを始める。振動解析、エキスパートシステム、スポーツ工学分野の運動解析などの研究に従事。スキーの回転運動の数値解析を基に、VRを利用したスキーシミュレーターやARを利用したスキー指導システムを開発。VR/ARシステムの開発では、OpenGL, Unityを使用。大学では、情報関連の講義および演習を担当。

目次

第1章 スクリプト作成のための準備を行う

第2章 Unityの座標系とベクトルを理解する

第3章 ゲームオブジェクトを自在に操作する

第4章 入力機器で操作する

第5章 ユーザーインターフェイスを使う

第6章 物理的力を使う

第7章 アニメーション機能を使う

第8章 サウンド効果と視覚効果を使う

第9章 コルーチンを使う

第10章 モバイル端末のセンサーを使う

第11章ゲームの世界を管理する

Home 書籍一覧 ゲーム開発に役立つUnity C#スクリプトCookbook  命令詳細解説と機能別スクリプト集 ▲ ページトップへ戻る