試験公開中

このエントリーをはてなブックマークに追加

楽しく学ぶ Unity2D超入門講座

マイナビ出版

2,690円+税

「いつ、なにをする?」がわかれば、Unityが使えるようになる!

関連サイト

本書の関連ページが用意されています。

内容紹介

はじめてプログラムを作る、はじめてゲームを作る、という初心者向けのやさしいUnityと2Dゲームの作り方入門です。

作る時の「考え方」がわかれば、アプリ作りはぐっと楽になります。本書では、「簡単なゲームだけれど、自分で考えて作る方法」に注目して、解説しています。

具体的には、『最初にゲームに必要な部品を書き出して、次にそれぞれは「いつ、何をするものなのか?」という役割を考えていく』という方法で、解説を進めていきます。さらに、「いつ、何をするのか?」の部分を、「単純な役割の組み合わせ」で作っていきます。複雑に見えるゲーム内の動きも、整理すると実は単純な役割の組み合わせでできていることがほとんどです。単純な役割を簡単なプログラムで表現し、それを組み合わせることで、ゲームを作成していきます。

カリキュラムは次のようになっています。

Chapter1 Unityって何?: Unityの基本解説と、インストールをします。
Chapter2 体験してみよう:  まずは、プロジェクトを作って、基本的な使い方を理解しましょう。
Chapter3 スクリプトで動かそう:  「絵を移動させたいとき」は、「ずっと、絵の位置を変え続ける」というスクリプトで実現できます。
Chapter4 キー入力と衝突判定:  「キーで移動させたいとき」は、「ずっと、キー入力を調べ続ける」というスクリプトで実現できます。
Chapter5 マウスでタッチしたものを調べる:  「マウスのタッチで何か処理を行いたいとき」は、「マウスのタッチがものに衝突したとき、何かの処理を行う」というスクリプトで実現できます。
Chapter6 アニメーション:  「パラパラマンガで動くキャラを作りたいとき」を解説します。
Chapter7 シーンを切り替える:  「メインのゲーム画面の他に、タイトル画面や、ゲームオーバー画面を作りたいとき」のやり方を解説します。
Chapter8 プレハブでたくさん作る:  「同じしくみのキャラをたくさん登場させたいとき」はどうしたらよいでしょう?
Chapter9 重力を使う:  「横から見た2Dゲーム」を作ります。
Chapter10 UI テキストでカウンター:  「ゲーム中に文字を表示させたいとき」の方法を解説します。

楽しいゲームを作りながら、Unityとプログラミングの基本をマスターしましょう! サンプルファイルは本書のサイトからダウンロードできます。

書誌情報

  • 著者: 森 巧尚
  • 発行日: (紙書籍版発行日: 2019-02-21)
  • 最終更新日: 2019-02-21
  • バージョン: 1.0.0
  • ページ数: 312ページ(PDF版換算)
  • 対応フォーマット: PDF
  • 出版社: マイナビ出版

対象読者

著者について

森 巧尚

パソコンが登場した『マイコンBASICマガジン』(電波新聞社)の時代からゲームを作り続けて約40年。現在は、コンテンツ制作や執筆活動を行い、また関西学院大学、関西学院高等部、成安造形大学の非常勤講師や、プログラミングスクールコプリの講師など、プログラミングに関わる幅広い活動を行っている。近著に『作って学ぶ iPhoneアプリの教科書~人工知能アプリを作ってみよう!~』(マイナビ出版)、『楽しく学ぶ アルゴリズムとプログラミングの図鑑』(マイナビ出版)、『動かして学ぶ! Vue.js開発入門』(翔泳社)、『Python1年生』(翔泳社)、『Java1年生』(翔泳社)、『なるほど! プログラミング 動かしながら学ぶ、コンピュータの仕組みとプログラミングの基本』(SBクリエイティブ)、『小学生でもわかるiPhoneアプリのつくり方』(秀和システム)など多数。

目次

Chapter1 Unityって何?

  • 1.1 Unityは、ゲームを作るソフトウェア
  • 1.2 インストールしよう
  • 1.3 グラフィックソフトからの画像の書き出し方

Chapter2 体験してみよう

  • 2.1 プロジェクトを作ってスタート
  • 2.2 画面の説明
  • 2.3 基本的な使い方
  • 2.4 ゲームオブジェクトってなに?
  • 2.5 スクリプトをアタッチすると動き出す

Chapter3 スクリプトで動かそう

  • 3.1 スクリプトって何?
  • 3.2 「ずっと、水平に移動する」
  • 3.3 「ずっと、回転する」
  • 3.4 「ときどき、曲がる」
  • 3.5 「ときどき、反転する」

Chapter4 キー入力と衝突判定

  • 4.1 この章で作るスクリプト
  • 4.2 「上下左右キーを押すと、移動する(スプライト)」
  • 4.3 衝突の機能をアタッチする
  • 4.4 「上下左右キーを押すと、移動する(リジッドボディ)」
  • 4.5 「ずっと、追いかける」
  • 4.6 「ずっと移動して、何かと衝突したら、反転する」
  • 4.7 「何かと衝突したら、ゲームをストップする」
  • 4.8 「何かと衝突したら、何かを表示する」

Chapter5 マウスでタッチしたものを調べる

  • 5.1 衝突判定でマウスのタッチを調べる
  • 5.2 「タッチしたら、消える」
  • 5.3 「タッチしたら、ずっと回転する」
  • 5.4 「タッチしたら、ルーレットのように回転して止まる」
  • 5.5 オブジェクトの重なり順

Chapter6 アニメーション

  • 6.1 AnimatorとAnimationって何?
  • 6.2 パラパラマンガ
  • 6.3 「キーを押すと、アニメーションを切り換える」

Chapter7 シーンを切り替える

  • 7.1 シーンって何?
  • 7.2 「タッチしたら、シーンを切り替える」
  • 7.3 「衝突したら、シーンを切り換える」

Chapter8 プレハブでたくさん作る

  • 8.1 プレハブって何?
  • 8.2 「タッチしたら、プレハブが登場する」
  • 8.3 「ある範囲にときどき、プレハブが登場する」
  • 8.4 「時間が経ったら、自分を削除する」

Chapter9 重力を使う

  • 9.1 重力って何?
  • 9.2 「キーを押すと、移動& ジャンプ」
  • 9.3 「キーを押すと、ものを出して投げる」
  • 9.4 広いマップを作る

Chapter10 UI テキストでカウンター

  • 10.1 UIって何?
  • 10.2 UIテキストの作り方
  • 10.3 カウンターを作る
  • 10.4 何かが起こったら、カウントする
  • 10.5 カウンターが○○になったら、○○する
Home 書籍一覧 楽しく学ぶ Unity2D超入門講座 ▲ ページトップへ戻る