試験公開中

このエントリーをはてなブックマークに追加

TTM8実践解説 汎用ロジックICキットで創る自作CPU

インプレスR&D

1,760円 (1,600円+税)

自作CPU、TTM8はロジックICを組み合わせて創った8bitのCPUです。取扱説明書では触れられない回路の構成部分まで深く解説します。これを機会にあなたも自作CPUの沼に溺れてみませんか!

関連サイト

本書の関連ページが用意されています。

内容紹介

自作CPU、TTM8はロジックICを組み合わせて創った8bitのCPUです。取扱説明書では触れられない回路の構成部分まで深く解説します。これを機会にあなたも自作CPUの沼に溺れてみませんか!

基本的にはTTM8キットを購入した方向けの解説本ですが、これからCPUを学ぶ人のための解説を入れていますので、TTM8未購入であってもこの本から自作CPUというテーマに触れていただけるような内容になっています。

書誌情報

  • 著者: 電子ライダー
  • 発行日: (紙書籍版発行日: 2022-07-01)
  • 最終更新日: 2022-07-01
  • バージョン: 1.0.0
  • ページ数: 112ページ(PDF版換算)
  • 対応フォーマット: PDF, EPUB
  • 出版社: インプレスR&D

対象読者

ロジックIC,CPU,自作,自作キット,同人誌,技術同人誌,技術書典に興味がある人

著者について

電子ライダー

90年代生まれ。広島県出身、愛知県在住。名古屋工業大学大学院修士課程修了。名古屋市所在のメーカーに在籍するハードウェアエンジニア。本職として電気機器のハードウェア開発に携わりながらメーカーフェア系ものづくりイベントを中心に活動。自作CPUは学生時代から取り組み、組立キット「TTM4」の販売をはじめる。2021年には二作目の「TTM8」を販売。同時にものづくりサークル「みやこ電子工房」を立ち上げ本格的に活動を開始した

目次

第1章 自作CPUというテーマ

第2章 マイクロコンピュータ

第3章 TTM8-CPU

第4章 TTM8詳細回路

Home 書籍一覧 TTM8実践解説 汎用ロジックICキットで創る自作CPU ▲ ページトップへ戻る