試験公開中

このエントリーをはてなブックマークに追加

実践SvelteKit × FastAPI 誰でも簡単Web開発!フルスタックエンジニアになる!

インプレスR&D

1,760円 (1,600円+税)

SvelteKitとFastAPIは、2020年前後で急速に台頭し、Web開発をより素早く・より自由に・より簡単にするフレームワークです。本書を用いて、これらの基本的な仕組みや機能を、実装サンプル付きで学べます。

関連サイト

本書の関連ページが用意されています。

内容紹介

SvelteKitとFastAPIは、2020年前後で急速に台頭し、Web開発をより素早く・より自由に・より簡単にするフレームワークです。本書を用いて、これらの基本的な仕組みや機能を、実装サンプル付きで学べます。また、実際にVereclやCloud Runといった環境にデプロイし、公開するガイドつきです。これからWeb開発を始めたいという方は、SvelteKitとFastAPIで始めましょう!

書誌情報

  • 著者: 野々山 太郎
  • 発行日: (紙書籍版発行日: 2022-12-23)
  • 最終更新日: 2022-12-23
  • バージョン: 1.0.0
  • ページ数: 86ページ(PDF版換算)
  • 対応フォーマット: PDF, EPUB
  • 出版社: インプレスR&D

対象読者

クリーンアーキテクチャ,Web開発,開発環境,Flow,Elixir,同人誌,技術同人誌,技術書典に興味がある人

著者について

野々山 太郎

1996年東京都生まれ。HTML・CSS・JavaScriptから入門し、Web開発の自由度と可能性に魅了され、愛知県の大学院卒業後、Webエンジニアとして企業勤務。パフォーマンスチューニング・CSSアニメーション・UI設計と実装といった、ユーザが心地よく触れる部分を得意とする。

目次

第1章 導入

  • 1.1 はじめに
  • 1.2 初学者の方へ
  • 1.3 前提知識
  • 1.4 用意するもの
  • 1.5 Webの誕生経緯
  • 1.6 Webサービスの具体的な仕組み
  • 1.7 Webサービスの仕組みを体験する
  • 1.8 WebAPIでサービス同士が連携する例
  • 1.9 使用するフレームワーク
  • 1.10 実装へ

第2章 設計する

  • 2.1 要求をまとめる
  • 2.2 要件をまとめる
  • 2.3 設計を始める
  • 2.4 モデル設計
  • 2.5 デザイン設計
  • 2.6 API設計
  • 2.7 開発環境やアーキテクトの設計
  • 2.8 実装の進め方

第3章 バックエンドを実装する

  • 3.1 MongoDB Atlas
  • 3.2 環境を用意し、ついでに動かす
  • 3.3 FastAPIのキホン
  • 3.4 動作説明:MongoDBとbeanieとFastAPI
  • 3.5 より細かいバリデーション
  • 3.6 具体例
  • 3.7 Dependsを使う
  • 3.8 CORSの対応を行う
  • 3.9 環境変数を使う
  • 3.10 Google Cloudに登録する
  • 3.11 Cloud Runにデプロイする
  • 3.12 バックエンドのむすび

第4章 フロントエンドを実装する

  • 4.1 環境構築と動作確認
  • 4.2 事前のおことわり
  • 4.3 Svelteの基本
  • 4.4 SvelteKitのルーティング
  • 4.5 APIを叩こう
  • 4.6 Svelteのモジュールを認知する
  • 4.7 様々なハンドリングをコンポーネントにまとめて
  • 4.8 Svelteのstore, dispatchを活用
  • 4.9 Vercelにデプロイしてみる
  • 4.10 フロントエンドのむすび

おわりに

謝辞

Home 書籍一覧 実践SvelteKit × FastAPI 誰でも簡単Web開発!フルスタックエンジニアになる! ▲ ページトップへ戻る