試験公開中

このエントリーをはてなブックマークに追加

スッキリわかるJava入門 実践編 第3版

インプレス

3,300円 (3,000円+税)

シリーズ累計50万部突破の定番入門書「スッキリわかるシリーズ」の『Java入門 実践編』に「第3版」が登場!最新Java16対応し、近年のJava改訂による新機能(Record等)の取り込みのほか、GitやMavenといったツール類の活用方法も具体的・実践的に解説!

【注意】本書のEPUB版は固定レイアウト型になっております。文字の大きさの変更や検索、引用などはお使いいただけません。画面の大きい端末でご利用ください。

関連サイト

本書の関連ページが用意されています。

内容紹介

大手ネット書店ベストセラー1位『スッキリわかるJava入門』の、正統続編である『実践編』に「第3版」が登場!

最新Java16対応し、近年のJava改訂による新機能(Record等)の取り込みのほか、GitやMavenといったツール類の活用方法も具体的・実践的に解説!

エントリー書の『スッキリわかるJava入門』と同じく、新人エンジニア湊君の成長を傍らに、開発中に発生するJavaのいろんな「なぜ?」に、しっかりと答えながら解説が進んでいき、付録では「エラー解決・虎の巻」を用意して、独学に適した挫折しにくい紙面展開となっています。

各種API・設計手法・開発ツールに至るまで手広くカバーする構成で、中級者に進むあなたを効率的かつ、実践的にエスコートしていきます。

注目の改訂ポイントTOP 5は以下の通り。

【1】最新Java16対応 Record等の新機能紹介のほかJDK新ライセンスモデルの紹介

【2】Git入門(章を全面改訂) 昨今の開発現場に欠かせないGit/ブランチ/GitHubもマスター

【3】Maven(新節として追加) Java開発に不可欠なMaven/POMがわかる・かける

【4】WebAPI(新節として追加) HTTP/RESTの仕組みからマイクロサービス概念まで

【5】GUI開発(新章として追加) 開発現場で保守が続くSwing/AWTアプリにも対応

その他、令和の開発現場にフィットする追補改訂が盛りだくさん!

書誌情報

  • 著者: 中山清喬(著), 株式会社フレアリンク(監修)
  • 発行日: (紙書籍版発行日: 2021-04-20)
  • 最終更新日: 2021-04-20
  • バージョン: 1.0.0
  • ページ数: 728ページ(PDF版換算)
  • 対応フォーマット: PDF, EPUB
  • 出版社: インプレス

対象読者

Javaの基礎を学び終えた初級者で、開発現場で必要とされる知識を総合的に身に付けたい人。Javaプログラマーとして即戦力として働きたい人。

著者について

中山清喬

株式会社フレアリンク代表取締役。IBM内の先進技術部隊に所属しシステム構築現場を数多く支援。退職後も研究開発・技術適用支援・教育研修・執筆講演・コンサルティング等を通じ、「技術を味方につける経営」を支援。現役プログラマ。講義スタイルは「ふんわりスパルタ」。

株式会社フレアリンク

目次

まえがき

  • dokojavaの使い方
  • sukkiri.jpについて
  • 本書の見方

第0章 Javaを使いこなす技術者をめざそう

  • 0.1 ようこそJava実践の世界へ

第Ⅰ部 さまざまな基本機能

第1章 インスタンスの基本操作

  • 1.1 インスタンスの5大基本操作
  • 1.2 インスタンスの文字列表現
  • 1.3 インスタンスの等価判定
  • 1.4 インスタンスの要約
  • 1.5 インスタンスの順序付け
  • 1.6 インスタンスの複製
  • 1.7 この章のまとめ
  • 1.8 練習問題
  • 1.9 練習問題の解答

第2章 さまざまな種類のクラス

  • 2.1 型安全という価値
  • 2.2 ジェネリクス
  • 2.3 列挙型
  • 2.4 インナークラス
  • 2.5 null安全性
  • 2.6 この章のまとめ
  • 2.7 練習問題
  • 2.8 練習問題の解答

第3章 関数とラムダ式

  • 3.1 関数オブジェクト
  • 3.2 関数の代入
  • 3.3 ラムダ式
  • 3.4 関数オブジェクトの活用
  • 3.5 StreamAPI
  • 3.6 この章のまとめ
  • 3.7 練習問題
  • 3.8 練習問題の解答

第4章 JVM制御とリフレクション

  • 4.1 JVMへのアクセス
  • 4.2 JVMの終了
  • 4.3 外部プログラムの実行
  • 4.4 システムプロパティの利用
  • 4.5 ロケールと国際化
  • 4.6 メモリに関する状態の取得
  • 4.7 リフレクション
  • 4.8 この章のまとめ
  • 4.9 練習問題
  • 4.10 練習問題の解答

第5章 非標準ライブラリの活用

  • 5.1 ライブラリとは
  • 5.2 クラスパスのおさらい
  • 5.3 commons-langを使ってみよう
  • 5.4 ログ出力ライブラリ
  • 5.5 オープンソースとライセンス
  • 5.6 この章のまとめ
  • 5.7 練習問題
  • 5.8 練習問題の解答

第Ⅱ部 外部資源へのアクセス

第6章 ファイルの操作

  • 6.1 ファイル操作の前提知識
  • 6.2 テキストファイルの読み書き
  • 6.3 バイナリファイルの読み書き
  • 6.4 ファイル操作の落とし穴
  • 6.5 ストリームの概念
  • 6.6 フィルタの活用
  • 6.7 ファイルシステムの操作
  • 6.8 この章のまとめ
  • 6.9 練習問題
  • 6.10 練習問題の解答

第7章 さまざまなファイル形式

  • 7.1 データフォーマット
  • 7.2 CSV形式
  • 7.3 プロパティファイル形式
  • 7.4 XML形式
  • 7.5 JSON形式
  • 7.6 オブジェクトの直列化
  • 7.7 さまざまなフォーマット
  • 7.8 この章のまとめ
  • 7.9 練習問題
  • 7.10 練習問題の解答

第8章 ネットワークアクセス

  • 8.1 ネットワークAPIの全体像
  • 8.2 Socketを用いた低水準アクセス
  • 8.3 サーバ側ソフトウェアの開発
  • 8.4 HTTPとWebAPI
  • 8.5 この章のまとめ
  • 8.6 練習問題
  • 8.7 練習問題の解答

第9章 データベースアクセス

  • 9.1 データベースとは
  • 9.2 データベースの基本操作
  • 9.3 データベースの接続と切断
  • 9.4 更新系SQL文の送信
  • 9.5 検索系SQL文の送信
  • 9.6 結果表の処理
  • 9.7 JavaとDBのデータ型
  • 9.8 トランザクション処理
  • 9.9 この章のまとめ
  • 9.10 練習問題
  • 9.11 練習問題の解答

第Ⅲ部 効率的な開発の実現

第10章 基本的な開発ツール

  • 10.1 Javaが備える基本ツール
  • 10.2 JDK
  • 10.3 javadoc 仕様書の自動生成
  • 10.4 javac コンパイル
  • 10.5 jar アーカイブの操作
  • 10.6 java JVMの起動と実行
  • 10.7 jshell Javaの対話的実行
  • 10.8 統合開発環境
  • 10.9 Ant
  • 10.10 Maven
  • 10.11 この章のまとめ
  • 10.12 練習問題
  • 10.13 練習問題の解答

第11章 単体テストとアサーション

  • 11.1 不具合に対するアプローチ
  • 11.2 単体テストのやり方
  • 11.3 JUnitを用いたテスト
  • 11.4 アサーション
  • 11.5 この章のまとめ
  • 11.6 練習問題
  • 11.7 練習問題の解答

第12章 メトリクスとリファクタリング

  • 12.1 品質の「見える化」
  • 12.2 さまざまなメトリクス
  • 12.3 リファクタリング
  • 12.4 コードの静的解析
  • 12.5 この章のまとめ
  • 12.6 練習問題
  • 12.7 練習問題の解答

第13章 ソースコードの管理と共有

  • 13.1 チームによる開発
  • 13.2 ソースコードの共有
  • 13.3 Gitの基礎
  • 13.4 Gitツールの利用
  • 13.5 競合の発生と解決
  • 13.6 commitの制御
  • 13.7 ブランチ
  • 13.8 Gitサーバ
  • 13.9 この章のまとめ
  • 13.10 練習問題
  • 13.11 練習問題の解答

第14章 アジャイルな開発

  • 14.1 チーム開発の基盤
  • 14.2 共通の言葉
  • 14.3 共通の手順
  • 14.4 アジャイルという価値観
  • 14.5 エクストリーム・プログラミング(XP)
  • 14.6 スクラム(Scrum)
  • 14.7 継続的デプロイメント
  • 14.8 この章のまとめ
  • 14.9 練習問題
  • 14.10 練習問題の解答

第Ⅳ部 より高度な設計をめざして

第15章 設計の原則とデザインパターン

  • 15.1 優れた設計の原則
  • 15.2 コード記述全般に関する原則
  • 15.3 クラスの設計に関する原則
  • 15.4 クラスの関係に関する原則
  • 15.5 デザインパターン
  • 15.6 Facad 内部を隠してシンプルに
  • 15.7 Singleton 唯一無二の存在
  • 15.8 Strategy プラグインの切り替え
  • 15.9 TemplateMethod 大まかなシナリオ
  • 15.10 モジュール
  • 15.11 この章のまとめ
  • 15.12 練習問題
  • 15.13 練習問題の解答

第16章 スレッドによる並列処理

  • 16.1 処理効率の追求
  • 16.2 Javaにおける並列処理
  • 16.3 スレッドセーフな設計
  • 16.4 スレッド活用と高水準API
  • 16.5 この章のまとめ
  • 16.6 練習問題
  • 16.7 練習問題の解答

第17章 ユーザーインタフェース制御

  • 17.1 ユーザーインタフェース
  • 17.2 ウィンドウUIの基礎
  • 17.3 Swing APIの基礎
  • 17.4 レイアウト
  • 17.5 イベントハンドリング
  • 17.6 この章のまとめ
  • 17.7 練習問題
  • 17.8 練習問題の解答

エラー解決・虎の巻

あとがき&参考文献一覧

索引

Home 書籍一覧 スッキリわかるJava入門 実践編 第3版 ▲ ページトップへ戻る