試験公開中

このエントリーをはてなブックマークに追加

スターティングgRPC

インプレスR&D

1,600円+税

サーバー側(Go)/ クライアント側(Ruby)と異なる言語を用いて、いくつかのサンプルアプリケーションを実装しながら、gRPCとRESTの違い、Protocol Buffersにおけるスキーマの文法、単純なRPCから双方向ストリーミングRPCまでのgRPCにおける基本的な実装方法などを平易に説明します。

関連サイト

本書の関連ページが用意されています。

内容紹介

gRPCはGoogleが開発した高速なAPI通信とスキーマ駆動開発を実現するRPCフレームワークであり、マイクロサービス間の内部通信を実現する有力な選択肢として活用されはじめています。本書ではサーバー側(Go)/ クライアント側(Ruby)と異なる言語を用いて、いくつかのサンプルアプリケーションを実装しながら、gRPCとRESTの違い、Protocol Buffersにおけるスキーマの文法、単純なRPCから双方向ストリーミングRPCまでのgRPCにおける基本的な実装方法などを平易に説明します。

書誌情報

  • 著者: 武上 将樹
  • 発行日: (紙書籍版発行日: 2020-05-08)
  • 最終更新日: 2020-05-08
  • バージョン: 1.0.0
  • ページ数: 166ページ(PDF版換算)
  • 対応フォーマット: PDF, EPUB
  • 出版社: インプレスR&D

対象読者

Google,API,通信,フレームワークに興味がある人

著者について

武上 将樹

株式会社MERY開発部所属サーバーサイドエンジニア。Go/Rubyで開発していますが、一番好きな言語はTypeScirptです。落ち着いたらFlutterでアプリをつくりたいと思いつつ、落ち着かない日々を過ごしていたところ、React Hooksが出て、やっぱりもう少しReact Nativeで遊んでみようかな……と思っているこの頃。

目次

第1章 gRPCとRESTの違い

第2章 .protoファイルを書いてみよう

第3章 Go言語でつくるgRPCサーバー

第4章 RailsアプリケーションからgRPCサーバーにアクセスする

第5章 インターセプタでログや認証を追加してみよう

第6章 単方向ストリーミングでつくる画像アップロードAPI

第7章 双方向ストリーミングでつくるリアルタイムリバーシ

付録A Google APIに学ぶprotoスタイルガイド

付録B Protocol Buffersの自動コード生成仕様(Go編)

付録C Protocol Buffersの自動コード生成仕様(Ruby編)

Home 書籍一覧 スターティングgRPC ▲ ページトップへ戻る