試験公開中

このエントリーをはてなブックマークに追加

Spinnaker入門

インプレスR&D

1,600円+税

AWS、GCPでSpinnaker環境を構築してKubernetes、Google App Engineをデプロイフローを構築する方法や、Spinnakerの機能の一つである、Canary Releaseについて解説した入門書です。

関連サイト

本書の関連ページが用意されています。

内容紹介

Spinnaker(スピネーカー)はOSSの継続的デリバリーツールで、AWS、GCPなどのマルチクラウド、Kubernetes、VM、PaaSといったマルチプロバイダに対応しています。本書ではAWS、GCPでSpinnaker環境を構築してKubernetes、Google App Engineをデプロイフローを構築する方法や、Spinnakerの機能の一つである、Canary Releaseについて解説した入門書です。

書誌情報

  • 著者: 大澤 秀一
  • 発行日: (紙書籍版発行日: 2020-02-26)
  • 最終更新日: 2020-02-26
  • バージョン: 1.0.0
  • ページ数: 138ページ(PDF版換算)
  • 対応フォーマット: PDF, EPUB
  • 出版社: インプレスR&D

対象読者

マルチクラウド,CD,継続的デリバリー,AWS,GCP,Kubernetesに興味がある人

著者について

大澤 秀一

Webエンジニアとして携帯電話向けコンテンツサイトの開発・運用、オンプレミスからAWSへの移行、AWSを活用したWebサービスのインフラ構築・運用業務を経て、2015年より表参道にあるIT企業のインフラエンジニアとして、インフラ運用や開発基盤の改善、AWSとGCPとのマルチクラウド化、クラウドコスト最適化の提案・実施を行っている。
Twitter、GitHubアカウント:@ohsawa0515

目次

第1章 Spinnakerとは

第2章 Spinnakerのインストール

第3章 Google Kubernetes Engine のデプロイ

第4章 Google App Engineのデプロイ

第5章 Canary Release

第6章 Amazon EKSにSpinnakerをインストール

第7章 Jenkinsとの連携

第8章 GCPにおけるGitOps継続的デリバリー

第9章 AWSにおけるGitOps継続的デリバリー

付録A GCPアカウントの作成

付録B AWSアカウントの作成、初期設定