試験公開中

このエントリーをはてなブックマークに追加

ソフトウェアグローバリゼーション入門 国際化I18Nと地域化L10Nによる多言語対応

インプレス

2,400円+税

世界中で使われるソフトウェアを作るためには、さまざまな言語や文化への対応が不可欠。Globalization(G11N)の基本から具体的な手法やツールまで開発言語やプラットフォームを問わない基礎的な知識を集約!

関連サイト

本書の関連ページが用意されています。

内容紹介

Webアプリケーションやスマートフォンが広く使われる現在、世界中で使われるソフトウェアを開発・配布するための障壁は薄まりつつあります。しかし、多くの人たちに使ってもらうには、さまざまな言語や文化に対応した、グローバルなソフトウェアを開発しなければなりません。

本書はソフトウェア開発におけるグローバリゼーション(Globalization, G11N)をテーマにしています。その概要と開発プロセスについて触れた後、二つの大きな分類である国際化(I18N)と地域化(L10N)について、それぞれ詳しく解説しています。

※本書は達人出版会で発売中の同名タイトルの電子書籍に、国内発のグローバル企業/アプリを対象にした新章「企業におけるグローバリゼーションの実践」を書き下ろしで追加しています。

書誌情報

  • 著者: 西野竜太郎
  • 発行日: (紙書籍版発行日: 2017-10-16)
  • 最終更新日: 2017-10-16
  • バージョン: 1.0.0
  • ページ数: 200ページ(PDF版換算)
  • 対応フォーマット: PDF, EPUB
  • 出版社: インプレス

対象読者

著者について

西野竜太郎

IT 分野の英語翻訳者。合同会社グローバリゼーションデザイン研究所代表社員。
米国留学を経て国内の大学を卒業後、2002 年からフリーランスの翻訳者とソフトウェア開発者に。2016 年に合同会社グローバリゼーションデザイン研究所を設立。著書『アプリケーションをつくる英語』(2012 年、達人出版会/インプレス)で第4 回ブクログ大賞(電子書籍部門)を受賞。産業技術大学院大学修了(情報システム学修士)。東京工業大学博士課程単位取得退学。長野県生まれ、愛知県育ちで、趣味はアニメーション鑑賞。
• Twitter アカウント: @nishinos
• 個人ブログ: http://blog.nishinos.com/
• 企業サイト:http://globalization.co.jp/

目次

はじめに

目次

第1章 グローバルなソフトウェアとは

  • 1.1 グローバルなソフトウェアの特徴
  • 1.2 グローバルなソフトウェアの例
  • 1.3 グローバルなソフトウェアを開発しよう
  • 1.4 本章のまとめ

第2章 I18NとL10Nの概要と開発プロセス

  • 2.1 I18N とL10N の概要
  • 2.2 ロケールとは
  • 2.3 グローバルなソフトウェア開発のプロセス
  • 2.4 開発プロセスの変化
  • 2.5 設計で考慮すべき点
  • 2.6 本章のまとめ

第3章 I18N

  • 3.1 I18Nの実装内容
  • 3.2 文字と書字方向
  • 3.3 L10Nの分業化と自動化
  • 3.4 訳文の質向上
  • 3.5 I18Nのテスト
  • 3.6 本章のまとめ

第4章 L10N

  • 4.1 L10Nの対象
  • 4.2 L10Nのプロセス
  • 4.3 L10Nのツール
  • 4.4 翻訳者に提供する情報
  • 4.5 翻訳者に求められるスキルと知識
  • 4.6 翻訳の品質評価
  • 4.7 L10Nのテスト
  • 4.8 L10Nのフロー例
  • 4.9 本章のまとめ

第5章 企業におけるグローバリゼーションの実践

  • 5.1 業務システムのグローバル化(ドクターフット)
  • 5.2 B2B ソフトウェアのローカライズ(サイボウズ)
  • 5.3 21 言語67ヶ国に展開するサービス(クックパッド)

付録A デモ用ソフトウェアの活用

付録B さらに知りたい人のために

参考文献

著者紹介

Home 書籍一覧 ソフトウェアグローバリゼーション入門 国際化I18Nと地域化L10Nによる多言語対応 ▲ ページトップへ戻る