試験公開中

このエントリーをはてなブックマークに追加

Scalaをはじめよう! ─マルチパラダイム言語への招待─

インプレスR&D

1,600円+税

本書はオブジェクト指向と関数型の特徴を併せ持つマルチパラダイム言語Scalaのプログラマ向け入門書です。「コードが難しい」「コンパイルが遅い」といったScalaに対する誤解を解き、JVM上でバイナリが動作し、Javaのライブラリをシームレスに利用可能な特徴を活かしたプログラミングを行うためのガイドブックとしておすすめです。

関連サイト

本書の関連ページが用意されています。

内容紹介

マルチパラダイム言語・Scalaの入門書!

本書はオブジェクト指向と関数型の特徴を併せ持つマルチパラダイム言語Scalaのプログラマ向け入門書です。「コードが難しい」「コンパイルが遅い」といったScalaに対する誤解を解き、JVM上でバイナリが動作し、Javaのライブラリをシームレスに利用可能な特徴を活かしたプログラミングを行うためのガイドブックとしておすすめです。

書誌情報

  • 著者: 伊藤 竜一
  • 発行日: (紙書籍版発行日: 2018-02-16)
  • 最終更新日: 2018-02-16
  • バージョン: 1.0.0
  • ページ数: 86ページ(PDF版換算)
  • 対応フォーマット: PDF, EPUB
  • 出版社: インプレスR&D

対象読者

著者について

伊藤 竜一

大阪大学情報科学研究科博士前期課程在籍。高並列環境でのデータ分析の最適化・高速化の研究に従事。研究の傍ら、未踏事業にて「様々なデータソースに対応するグラフ処理エンジンの開発」を行う。プログラミング言語であるScala好きが高じてScala関西勉強会やScala関西Summitにて登壇。またその運営にも携わる。

目次

第1章 Scalaの世界へようこそ

  • 1.1 この本について
  • 1.2 Scalaとは?
  • 【コラム】参考になるウェブサイト・本

第2章 Scalaの環境を作る

  • 2.1 sbtをインストールする
  • 2.2 sbtでテンプレートからプロジェクトを作る
  • 2.3 sbtでプログラムを実行する
  • 2.4 sbtでScala REPLを使う
  • 【コラム】Scastie
  • 【コラム】サンプルコード

第3章 Hello Worldを嚙み砕こう

  • 3.1 Hello World ― エントリポイント
  • 3.2 Hello Worldの構成要素 ― メソッド・式と文・ブロック式
  • 【コラム】「???」を利用する

第4章 FizzBuzzしてみよう

  • 4.1 FizzBuzzに必要な道具を揃える① ─for式
  • 4.2 FizzBuzzに必要な道具を揃える② ─if式
  • 4.3 FizzBuzzの趣向を変えてみる① ─match式
  • 4.4 FizzBuzzの趣向を変えてみる② ─再帰

第5章 オブジェクト指向で多角形を扱おう

  • 5.1 多角形を表現してみる─クラス
  • 5.2 便利機能を追加してみる─オブジェクト
  • 【コラム】ケースクラス
  • 5.3 多角形に色と透明度を付けてみる─トレイト
  • 【コラム】タプル

第6章 FizzBuzzを作ってみよう

  • 6.1 コレクションを扱う前に…─パラメータ多相
  • 6.2 FizzBuzzを作る─Range・List・関数
  • 【コラム】主なコレクション
  • 【コラム】主なコレクション操作メソッド

第7章 安全第一

  • 7.1 その引数は安全ですか?① ─Option
  • 7.2 その引数は安全ですか?② ─Either

第8章 らくらく非同期処理

  • 【コラム】ファンクタ・モナド・モノイド

第9章 またFizzBuzzしてみよう

  • 9.1 JSONファイルでFizzBuzz ─IO・JSON
  • 9.2 縁の下の力持ち─implicit
  • 【コラム】implicit class
  • 9.3 チェックチェック!─テスト
  • 【コラム】よく利用されるその他のライブラリ

あとがき

著者紹介

Home 書籍一覧 Scalaをはじめよう! ─マルチパラダイム言語への招待─ ▲ ページトップへ戻る