試験公開中

このエントリーをはてなブックマークに追加

Qt5/Qt6入門 C++編

インプレスR&D

1,760円 (1,600円+税)

本書はクロスプラットフォームの開発フレームワーク「Qt」について、Qt5とQt6の両方に対応した入門書です。インストールから始め、C++でコードを書き、画面はQt Widgetsベースのアプリについて解説します。

関連サイト

本書の関連ページが用意されています。

内容紹介

本書はクロスプラットフォームの開発フレームワーク「Qt」について、Qt5とQt6の両方に対応した入門書です。インストールから始め、C++でコードを書き、画面はQt Widgetsベースのアプリについて解説します。Qt6から使用できるようになったCMakeにも対応しています。Qt6の新機能Qt Concurrent TaskやQt Concurrent Promise Modeも紹介します。

書誌情報

  • 著者: 坂本 聡史
  • 発行日: (紙書籍版発行日: 2022-01-28)
  • 最終更新日: 2022-01-28
  • バージョン: 1.0.0
  • ページ数: 218ページ(PDF版換算)
  • 対応フォーマット: PDF, EPUB
  • 出版社: インプレスR&D

対象読者

クロスプラットフォーム,アプリ開発,C++,フレームワーク,技術書典,同人誌に興味がある人

著者について

坂本 聡史

ソフトウェア開発経験20年のフリーランスPG/SE。組み込み開発を初め、デスクトップ向けアプリ開発、モバイル向けアプリ開発に従事。技術同人誌は技術書典5から執筆。

目次

第1章 Qtの概要

第2章 開発環境の構築

第3章 HelloWorldで基本を学ぼう

第4章 Qt Creator

第5章 QObject

第6章 データの扱い方

第7章 コンテナ

第8章 uiファイルを使用する

第9章 ウィジェットの見た目を変更する

第10章 デバッグログ

第11章 ビルドシステム

第12章 トップレベルウィジェット

第13章 シグナル・スロットを使いこなす

第14章 マルチスレッドの基礎

Home 書籍一覧 Qt5/Qt6入門 C++編 ▲ ページトップへ戻る