試験公開中

このエントリーをはてなブックマークに追加

フォトグラメトリの教科書

インプレスR&D

3,850円 (3,500円+税)

本書は、被写体をさまざまなアングルから撮影した写真をパソコンで解析・統合することで立体的な3DCGモデルを作成する「フォトグラメトリ」について体系的にまとめた初めての日本語での解説書です。この一冊でフォトグラメトリの全体像を捉えることができます。

関連サイト

本書の関連ページが用意されています。

内容紹介

本書は、被写体をさまざまなアングルから撮影した写真をパソコンで解析・統合することで立体的な3DCGモデルを作成する「フォトグラメトリ」について体系的にまとめた初めての日本語での解説書です。この一冊でフォトグラメトリの全体像を捉えることができます。

前半では初心者に向けて、スマホで写真を撮り無料や安価なソフトウェアで3DCGモデルを作成し、SketchFabで公開する一連の流れを解説しています。

後半では、プロ用機材の紹介、一眼レフ・ミラーレスカメラを使った本格的な撮影、水中撮影、ドローンを使った撮影方法を解説しています。

そのほか、プロ用途のソフトウェアであるMetashapeとReality Captureによるフォトグラメトリの方法についても詳解。MacのフォトグラメトリAPI Object Captureを使った方法と、その他のソフトウェア・アプリ紹介、関連技術としてiPhone/iPadに搭載されているLiDARスキャナーについても網羅しています。

書誌情報

  • 著者: 鳥海 幸一
  • 発行日: (紙書籍版発行日: 2022-04-15)
  • 最終更新日: 2022-04-15
  • バージョン: 1.0.0
  • ページ数: 338ページ(PDF版換算)
  • 対応フォーマット: PDF, EPUB
  • 出版社: インプレスR&D

対象読者

フォトグラメトリ,フォトグラメトリー,3D,モデリング,スマートフォン,スマホ,撮影,技術書典,同人誌に興味がある人

著者について

鳥海 幸一

情報セキュリティエンジニアとして、ペネトレーションテスト、IDS/WAF製品のサポート、CSIRT立ち上げ、情報セキュリティの教育コースの講師などを経験。セキュリティ資格SANS GCIH取得。現在はネットワーク機器会社でエンジニアを務める傍ら、大学院でブロックチェーンの研究に携わる。また、世界各地の航空遺産のフォトグラメトリによる3Dデータ保存を進めている。

目次

第1章 入門編 フォトグラメトリの世界

第2章 入門編 フォトグラメトリに最低限必要なもの

第3章 入門編 写真・動画の撮り方 I 基礎編

第4章 入門編 3DF Zephyr

第5章 入門編 SketchFabで公開 

第6章 入門編 Reality Capture I

第7章 入門編 Metashape I

第8章 入門編 Photo Catch(iOSアプリ) / Trnio クラウドでフォトグラメトリ

第9章 入門編 iPhone/iPadによるLiDARスキャン

第10章 上級編 フォトグラメトリの理論的基礎

第11章 上級編 フォトグラメトリに必要な機材とソフトウェア

第12章 上級編 写真・動画の撮り方 II 高精細なイメージスキャン

第13章 上級編 写真・動画の撮り方 III 水中撮影

第14章 上級編 写真・動画の撮り方 IV ドローンによる撮影

第15章 上級編 Reality Capture II

第16章 上級編 Metashape II

第17章 上級編 Object Capture MacOSでのフォトグラメトリ

第18章 上級編 CloudCompare 点群処理

Home 書籍一覧 フォトグラメトリの教科書 ▲ ページトップへ戻る