試験公開中

このエントリーをはてなブックマークに追加

OpenFOAMの歩き方

インプレスR&D

2,200円 (2,000円+税)

オープンソースの流体解析ツールボックス「OpenFOAM」の初級~中級解説書です。OpenFOAMの最新版であるv2012に対応し、計算用PCの選び方から始まり、重合格子や計算ネタの探し方まで紹介します。

関連サイト

本書の関連ページが用意されています。

内容紹介

本書はオープンソースの流体解析ツールボックス「OpenFOAM」の初級~中級解説書です。OpenFOAMの最新版であるv2012に対応し、計算用PCの選び方から始まり、重合格子や計算ネタの探し方まで紹介します。取り上げる例題は、章を追うごとに徐々に実行する操作が増える構成になっています。各章の操作はOpenFOAMユーザーがデータを用意する手順を意識して説明しており、例題を進めるうちにOpenFOAMを使った計算の流れを感覚的にも学ぶことができます。

書誌情報

  • 著者: 川畑 真一
  • 発行日: (紙書籍版発行日: 2021-02-26)
  • 最終更新日: 2021-02-26
  • バージョン: 1.0.0
  • ページ数: 232ページ(PDF版換算)
  • 対応フォーマット: PDF, EPUB
  • 出版社: インプレスR&D

対象読者

流体解析,OSS,ツール,開発に興味がある人

著者について

川畑 真一

サークル「はんままにあ」代表。オープンCAE勉強会@関西の幹事としてオープンソースのCAE(Computer Aided Engineering)コードに関する情報発信およびユーザー交流を行っている。主にCAE解析を行いながら、設計者向けのGUI作成の業務も行う。

目次

第1章 OpenFOAM

第2章 環境構築

第3章 チュートリアルケース

第4章 自分で用意したSTLで計算する

第5章 二相流

第6章 オーバーセット

第7章 勉強のモチベーションの持ち続ける方法

第8章 困ったときには

第9章 OpenFOAMの追加機能

Home 書籍一覧 OpenFOAMの歩き方 ▲ ページトップへ戻る