試験公開中

このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒SE、1年間で機械学習エンジニアを目指す

インプレスR&D

1,760円 (1,600円+税)

専門学校出身の新卒SEが独学で機械学習の勉強を行い、約1年間の勉強の末に機械学習エンジニアになるまでに行った勉強内容と、独学で勉強した際に実装した機械学習のモデルを解説したものです。

関連サイト

本書の関連ページが用意されています。

内容紹介

本書は専門学校出身の新卒SEが独学で機械学習の勉強を行い、約1年間の勉強の末に機械学習エンジニアになるまでに行った勉強内容と、独学で勉強した際に実装した機械学習のモデルを解説したものです。何を勉強すればいいのか?機械学習で用いられる数学の解説、機械学習の学習アルゴリズムの解説などが一冊に詰め込まれています。さらに、プログラミングをしないで機械学習の実装も紹介しているのでエンジニアではないあなたも機械学習のモデルを構築することが出来ます。

書誌情報

  • 著者: 神林 貴之
  • 発行日: (紙書籍版発行日: 2020-11-20)
  • 最終更新日: 2020-11-20
  • バージョン: 1.0.0
  • ページ数: 198ページ(PDF版換算)
  • 対応フォーマット: PDF, EPUB
  • 出版社: インプレスR&D

対象読者

機械学習,独学,新卒,SE,専門学校,エンジニア,キャリアに興味がある人

著者について

神林 貴之

新卒SEとして入社して半年で、独学でPython言語・機械学習・数学の勉強を一年間行う。その後、他社との機械学習モデルの開発や自社の機械学習の製品化に携わり、自社初の機械学習エンジニアとなる。現在は、機械学習・人工知能の製品の開発を進める為にクラウドアーキテクトやコンテナ技術を独学中。

目次

1章:機械学習で利用される主な数学知識について

2章:Pythonの環境構築と言語学習

3章:ゼロから作るDeep Learningを勉強してみた

4章:NNCを利用して学習モデルの構築

5章:Chainer

6章:クラウドサービスを使って機械学習環境の構築

7章:Pytorch

Home 書籍一覧 新卒SE、1年間で機械学習エンジニアを目指す ▲ ページトップへ戻る