試験公開中

このエントリーをはてなブックマークに追加

Markdownライティング入門 プレーンテキストで気楽に書こう!

インプレスR&D

1,800円+税

執筆のストレスを減らして集中したい人、PCが古くて軽いアプリで執筆したい人、いろいろなアプリで原稿を使いまわしたい人、思いついた時にスマホでメモ書きして原稿にまとめたい人

関連サイト

本書の関連ページが用意されています。

内容紹介

【プレーンテキストでらくらくライティング!Markdownを使いこなそう!】

本書は、文章を書く=ライティングを「気楽に」行うための道具としての「Markdown」形式を紹介し、その使い方を詳しく解説しています。Wordなどのワープロソフトに限定されることなく、テキストエディタやMarkdown専用エディタ、ポメラなどの文書入力専用機、さらにはスマートホン上でも「見出し」や「強調」といった文章執筆に必要な情報を共有するための書式であるMarkdownの書き方やその定義や起源を、初心者でもわかりやすく紹介しています。

書誌情報

  • 著者: 藤原 惟
  • 発行日:
  • 最終更新日: 2018-12-14
  • バージョン: 1.0.0
  • ページ数: 144ページ(PDF版換算)
  • 対応フォーマット: PDF, EPUB
  • 出版社: インプレスR&D

対象読者

著者について

藤原 惟

ソラソルファ、日本Pandocユーザ会代表。フリーライター・エンジニア、専門学校講師。1987年兵庫県生まれ。明石高専時代に、LaTeXによるレポート作成を通じてドキュメンテーションの面白さに目覚める。大阪大学編入後にMarkdownと出会い、日常で活用しはじめる。大阪大学大学院在籍中に、当時の日本語圏であまり知られていなかったPandocを発掘する。2014年にPandocユーザーズガイドを日本語版に翻訳。以後、日本Pandocユーザ会としてPandocとMarkdownを広めるOSS活動を続けている。2015年にソラソルファ開業。「ITを必要とする人は、IT業界の外にいる」という信念を元に、執筆活動・受託開発・専門学校での教育・ITコンサルティングなどを行っている。
Twitter: @skyy_writing
ブログ(note): https://note.solarsolfa.net/

目次

第1章 プレーンテキストとMarkdown

  • 1.1 プレーンテキストの勧め
  • 1.2 Markdownはプレーンテキストで文章を書くための記法
  • 1.3 Markdownアプリの例
  • 1.4 本書におけるMarkdownの定義

第2章 ミニマムMarkdown

  • 2.1 Markdownが満たすべき最低限の原則=ミニマムMarkdown
  • プレーンテキストで書く/段落は空行で区切る/ファイルの拡張子は「.md」

第3章 Markdownで書いてみよう

  • 3.1 Markdown専用エディタをインストールしよう
  • 3.2 ミニマムMarkdownで書いてみよう

第4章 きほんのMarkdown

  • 太字/見出し/リンク/画像/引用/番号なしリスト/番号付きリスト/水平線/コード/コードブロック

第5章 Markdownライティングを実践しよう

  • 5.1 道具:Typora(Markdown専用エディタ)
  • 5.2 考え方:2段階執筆(下書き段階と清書段階)
  • 5.3 はてなブログでMarkdownライティング
  • 5.4 WordPressでMarkdownライティング

第6章 Markdownをさらに活用する

  • 6.1 さまざまなツールで書くMarkdown
  • 6.2 Markdown文書からリッチテキストへ
  • 6.3 MarkdownとHTML
  • 6.4 Markdownを活用するための小技

第7章 GitHub Flavored Markdown(GFM)

  • 表/タスクリスト/打ち消し線/拡張自動リンク/絵文字/シンタックスハイライト
  • 注意:GitHub Flavored Markdown Specにない記法

第8章 Markdownとは何か?

  • 8.1 Markdownの定義
  • 8.2 特筆すべきMarkdown方言の一覧
  • 8.3 MarkdownとCommonMarkの思想と歴史

付録 アプリのインストール・設定方法

Home 書籍一覧 Markdownライティング入門 プレーンテキストで気楽に書こう! ▲ ページトップへ戻る