試験公開中

このエントリーをはてなブックマークに追加

ライフハックで行こう!―Think IT edition―「僕らのベルリンライフ」編

インプレス

500円+税

ベルリン在住のイラストレーター、高田ゲンキのIT系コミックエッセイ「ライフハックで行こう! ―Think IT edition―」が電子書籍で登場!本書は初期の第1~8話までの作品をまとめ、ベルリン在住のフリーランスやベルリンでの生活シーンなどを紹介。日本を飛び出して海外で活躍する若手フリーランス4名には注目だ。

関連サイト

本書の関連ページが用意されています。

内容紹介

ベルリン在住のイラストレーター、高田ゲンキのIT系コミックエッセイ「ライフハックで行こう! ―Think IT edition―」がついに電子書籍で登場!
本書は初期の第1~8話までの作品をまとめたもので、ベルリン在住のフリーランスやベルリンでの生活シーンなどを紹介。特に、日本を飛び出して海外で活躍する若手フリーランス4名には注目だ。

現在、Think ITで絶賛連載中の「フリーランスのススメ」編はSNSからの反響も大きく、多くのファンを獲得。今後ますます高田ゲンキと「ライフハックで行こう!」から目が離せない!

【収録作品】

・第1話 僕らがベルリンに移住した理由
・第2話 ベルリンのITスタートアップシーンがアツい!
・第3話 iOSデベロッパー、堤修一さん登場!
・第4話 起業家、佐藤たかし君とベルリンで出会った話
・第5話 ブロガーwasabi、誕生!
・第6話 テックスターズのイベントに行ってきた!
・第7話 ベルリンで気づいたユニクロの魅力とは!?
・第8話 秋のベルリン・チェイス!

※本書の収録作品は、現在Webで公開されているものとほぼ同じ内容です。

書誌情報

  • 著者: 高田ゲンキ
  • 発行日: (紙書籍版発行日: 2017-11-30)
  • 最終更新日: 2017-11-30
  • バージョン: 1.0.0
  • ページ数: 108ページ(PDF版換算)
  • 対応フォーマット: PDF, EPUB
  • 出版社: インプレス

対象読者

フリーランス(主にデザイナーやイラストレーター)、新卒フリーランスや学生、海外移住を志望する人など

著者について

高田ゲンキ

ベルリン在住のイラストレーター/マンガ家。1976年生、神奈川育ち。 2004年にフリーランスとして活動開始以来、Macを中心としたフルデジタルでの制作環境を活かして場所や業界慣習にとらわれない自由なワークスタイルを確立。2012年に夫婦でドイツ・ベルリン移住。自身の仕事術やライフハック術、人生論、ベルリンの生活の様子などをブログ『Genki Wi-Fi』とマンガプロジェクト『ライフハックで行こう!』で発信中。

目次

プロローグ ベルリンからこんにちは!

第1話 僕らがベルリンに移住した理由

  • はじめまして、高田ゲンキです!
  • 『ライフハックで行こう!』シリーズについて

第2話 ベルリンのITスタートアップシーンがアツい!

  • テックライターの佐藤ゆきさん/ライフハックとスタートアップ
  • ぜひ、こちらもお読みください!

第3話 iOSデベロッパー、堤修一さん登場!

  • 堤修一さんと僕/堤さん、ハッカソンで伝説を作る
  • 堤さん、インタビュー記事になる
  • 今後もいろんな人を紹介していきます!

第4話 起業家、佐藤たかし君とベルリンで出会った話

  • 佐藤たかし君と僕
  • Berguide(ベルガイド)の立ち上げ
  • ベルガイドのその後

第5話 ブロガーwasabi、登場!

  • wasabiさんと僕/個人メディアとしてのブログ
  • 元祖「新卒フリーランス」提唱者、wasabi

第6話 テックスターズのイベントに行ってきた!

  • デモデイは刺激的なイベント/Palleter社のCEO、Mart(マルト)はSkypeの創業メンバー
  • Palleterのその後

第7話 ベルリンで気づいたユニクロの魅力とは!?

  • 海外で見たユニクロはオシャレだった!
  • ユニクロはブラック企業?/「ベルリンで見つけた日本」

第8話 夏のベルリンを最も楽しむ方法とは?

  • 夏のベルリンはパラダイス?

第9話 秋のベルリン・チョイス!

  • 11月9日に生まれて/特に印象的だった2014年の「光の境界」
  • まだまだ続きます!
Home 書籍一覧 ライフハックで行こう!―Think IT edition―「僕らのベルリンライフ」編 ▲ ページトップへ戻る