試験公開中

このエントリーをはてなブックマークに追加

実践Helm─自作アプリをKubernetesクラスタに簡単デプロイ!

インプレスR&D

2,000円+税

コマンドひとつでKubernetes上にアプリケーションが構築できる!「Helm」最新解説書

関連サイト

本書の関連ページが用意されています。

内容紹介

本書は、オープンソースのコンテナオーケストレーションシステム「Kubernetes」のパッケージマネージャー「Helm」の解説書です。

Helmの特徴はアプリケーションのデプロイの容易さです。既存のChartを活用したりChartを作成したりすることで、「helm install」のコマンド一つでアプリケーションをKubernetes上に構築できます。本文中ではDocker・Kubernetes初心者がHelmを使ってHelmのテンプレートであるChartを自作できるまでを目指します。

Docker・Kubernetesは知っているけど「Helmってなに?」という方にもおすすめの一冊です。

書誌情報

  • 著者: 磯 賢大
  • 発行日:
  • 最終更新日: 2019-07-05
  • バージョン: 1.0.0
  • ページ数: 170ページ(PDF版換算)
  • 対応フォーマット: PDF, EPUB
  • 出版社: インプレスR&D

対象読者

著者について

磯 賢大

システムインテグレーターで、アプリケーションエンジニアとして4年間業務システムの構築に従事する。2019年5月より転職し、インフラエンジニアとして基盤構築に携わる。最近の趣味はCNCFのプロダクトに触れること。

目次

第1章 Helmの概要・基本構成

  • 1.1 具体例で考えるパッケージマネージャーの変遷
  • 1.2 Helmの特徴・構成

第2章 Kubernetesクラスタ構築・Helmインストール

  • 2.1 Kubernetesクラスタの構築の選択肢
  • 2.2 Google Kubernetes Engineの構築
  • 2.3 Helmのインストール

第3章 Helmでアプリケーションをデプロイ

  • 3.1 Helmコマンド
  • 3.2 MySQLとPrometheus/GrafanaをHelmでインストールする

第4章 Helm Chartを自作しよう

  • 4.1 Chart作成チュートリアル
  • 4.2 GoアプリケーションをChart化する

第5章 Helm Chartを発展させよう

  • 5.1 SubChartsとは
  • 5.2 Happy Helming ChartをSubChart化する

付録A コマンドチートシート

付録B Chart用変数チートシート

付録C Chart用Sprig Functionsチートシート

Home 書籍一覧 実践Helm─自作アプリをKubernetesクラスタに簡単デプロイ! ▲ ページトップへ戻る