試験公開中

このエントリーをはてなブックマークに追加

JavaエンジニアのためのKubernetes入門

インプレスR&D

1,760円 (1,600円+税)

本書は「DockerとKubernetesでクラウドネイティブを推進!」と聞いて困っている開発者のために、どのようにJavaでアプリケーションを書き、開発フローを回し、運用/監視していくのかについての初心者向けのガイドブックです。

関連サイト

本書の関連ページが用意されています。

内容紹介

本書は「DockerとKubernetesでクラウドネイティブを推進!」と聞いて困っている開発者のために、アプリケーションの実行環境をコンパクトにまとめた仮想環境「コンテナ」とコンテナを自在にデプロイし管理を自動化できるエコシステム「Kubernetes」というトピックスを中心に、どのようにJavaでアプリケーションを書き、開発フローを回し、運用/監視していくのかについての初心者向けのガイドブックです。JavaのフレームワークSpring Bootを使いながら、実際にコマンドを叩きながらコンテナをビルドし、JavaアプリケーションをKubernetesにデプロイする開発フローを体験してみましょう!

書誌情報

  • 著者: 鈴木 隆之佑
  • 発行日: (紙書籍版発行日: 2022-12-02)
  • 最終更新日: 2022-12-02
  • バージョン: 1.0.0
  • ページ数: 98ページ(PDF版換算)
  • 対応フォーマット: PDF, EPUB
  • 出版社: インプレスR&D

対象読者

Docker,クラウドネイティブ,Kubernetes,コンテナ,Java,デプロイ,開発環境,運用,監視,Webアプリ,同人誌,技術同人誌,技術書典に興味がある人

著者について

鈴木 隆之佑

アプリケーションエンジニア兼ソフトウェアアーキテクト。株式会社インターネットイニシアティブに入社しFXプラットフォームのフロントエンドやバックエンドを担当。その後DockerやKubernetesなどのコンテナ技術を中心に、セキュリティやインフラストラクチャに従事する。

目次

第1章 「コンテナ」いろはにほへと

第2章 サンプルJavaアプリケーションのデプロイ

第3章 コンテナ向けツールを使った効率のいい開発

第4章 運用を見据えた開発のためのナレッジ集

Home 書籍一覧 JavaエンジニアのためのKubernetes入門 ▲ ページトップへ戻る