試験公開中

このエントリーをはてなブックマークに追加

Ionicで始めるWebサービス開発

インプレスR&D

1,760円 (1,600円+税)

Webサービスの開発をしながら、IonicとFirebaseについて学ぶ解説書です。匿名質問サービスを作成しながら、IonicによるWebサービス開発、Firebaseによるユーザー認証、データの永続化、CloudFunctionsによるOGタグ書き換え、サイトの公開、そして実装の優先順序の決め方といったテーマを取り扱います。

関連サイト

本書の関連ページが用意されています。

内容紹介

本書は、Webサービスの開発をしながら、IonicとFirebaseについて学ぶ解説書です。具体的には、匿名質問サービスを作成しながら、IonicによるWebサービス開発、Firebaseによるユーザー認証、データの永続化、CloudFunctionsによるOGタグ書き換え、サイトの公開、そして、実装の優先順序の決め方といったテーマを取り扱います。本書がサービス開発に興味がある方の最初の一歩になれば幸いです。

書誌情報

  • 著者: 榊原 宏祐
  • 発行日: (紙書籍版発行日: 2020-12-18)
  • 最終更新日: 2020-12-18
  • バージョン: 1.0.0
  • ページ数: 138ページ(PDF版換算)
  • 対応フォーマット: PDF, EPUB
  • 出版社: インプレスR&D

対象読者

Ionic,Firebase,API,認証に興味がある人

著者について

榊原 宏祐

高校・大学と情報系を専攻し、卒業後はNECグループへ入社。組み込みエンジニアとして勤務の後、起業経験を経て株式会社キネカへ入社。テックリードとして、スキルシェアマッチングアプリの開発に関わる。

目次

まえがき

  • 初版との違い
  • 対象読者
  • サンプルコードについて
  • 謝辞
  • 免責事項

第1章 Ionicについて

  • 1.1 はじめに
  • 1.2 最初のIonicプロジェクト
  • 1.3 最後に

第2章 Webサービスの設計

  • 2.1 匿名質問サービスの概要
  • 2.2 要件定義
  • 2.3 ラフスケッチ
  • 2.4 実装方法と実現可能性の検討
  • 2.5 実装の優先順位
  • 2.6 最後に

第3章 セットアップ

  • 3.1 プロジェクトの新規作成
  • 3.2 ディレクトリ構成と命名ルール
  • 3.3 Sassの導入
  • 3.4 テーマカラーの設定
  • 3.5 タブレイアウト
  • 3.6 最後に

第4章 ユーザー認証の実装

  • 4.1 Firebaseの概要
  • 4.2 Firebaseのプロジェクトを作成する
  • 4.3 ログインボタンの作成
  • 4.4 Firestoreを用いたユーザー情報の保存
  • 4.5 最後に

第5章 Homeページの作成とデータの作成、読み取り、更新

  • 5.1 Homeページの作成
  • 5.2 Firestoreへデータを書き込む
  • 5.3 Firestoreからデータを読み出す
  • 5.4 Firestoreでデータの更新
  • 5.5 最後に

第6章 OGP画像の生成とmetaタグの動的書き換え

  • 6.1 OGPとは
  • 6.2 画像の自動作成
  • 6.3 最後に

第7章 サービスの完成

  • 7.1 ページ再読み込み
  • 7.2 無限スクロール
  • 7.3 Twitterへの投稿
  • 7.4 Firestoreのセキュリティルール
  • 7.5 残りのページの作成
  • 7.6 動的なルーティングの変更
  • 7.7 最後に
Home 書籍一覧 Ionicで始めるWebサービス開発 ▲ ページトップへ戻る