試験公開中

このエントリーをはてなブックマークに追加

アイデンティティはだれのもの? Hyperledger Indy & Ariesで実現する分散アイデンティティ

インプレスR&D

1,760円 (1,600円+税)

本書はブロックチェーンHyperledgerコミュニティーのフレームワークとライブラリのひとつであり、分散型アイデンティティ(Self-Sovereign Identity:SSI)を実現する「Hyperledger Indy」の日本初の解説書です。

関連サイト

本書の関連ページが用意されています。

内容紹介

ブロックチェーンHyperledgerとは、エンタープライズ向けブロックチェーンとして世界有数のコミュニティーです。IBMやアクセンチュア、マイクロソフトなどの大企業が参加しており、Linuxファウンデーションがサポートしています。本書はこのコミュニティーのフレームワークとライブラリのひとつであり、分散型アイデンティティ(Self-Sovereign Identity:SSI)を実現する「Hyperledger Indy」の日本初の解説書です。前半では、分散型アイデンティティどのような背景で生まれ、どのような問題を解決しているのかをやさしく解説しています。後半では、Hyperledger Indyと、その中からクライアント機能を切り出した「Hyperledger Aries」を使った学歴証明デモアプリケーションを使って、手を動かしながら分散型アイデンティティを学ぶことができます。

書誌情報

  • 著者: 鈴木 研吾, 合路 健人
  • 発行日: (紙書籍版発行日: 2021-05-28)
  • 最終更新日: 2021-05-28
  • バージョン: 1.0.0
  • ページ数: 98ページ(PDF版換算)
  • 対応フォーマット: PDF, EPUB
  • 出版社: インプレスR&D

対象読者

分散台帳,ブロックチェーン,認証,エンタープライズに興味がある人

著者について

鈴木 研吾

大学および大学院で機械工学を選考し、大学卒業後はセキュリティベンダにて金融機関向けマネージドセキュリティサービスに携わる。その後、Fintech企業でセキュリティを軸としたアプリ開発・サービス基盤・社内基盤を担当。

合路 健人

情報系の大学で情報通信を専攻し、大学卒業後はWeb系企業でセキュリティプラットフォームの開発に携わる。その後、セキュリティベンダにて、認証基盤の開発やセキュリティ診断などを担当。

目次

はじめに

  • Identity旅団とは
  • 本書の内容について
  • 本書はこんな人におすすめです
  • お問い合わせ先
  • 免責事項

第1章 デジタルアイデンティティの歴史

  • 1.1 Isolated Identity ― 分離されたアイデンティティ
  • 1.2 Centralized Identity ― 中央集権化されたアイデンティティ
  • 1.3 Federated Identity ― 連合化されたアイデンティティ
  • 1.4 User-Centric Identity ― ユーザー中心アイデンティティ
  • 1.5 Self-Sovereign Identity ― 自己主権アイデンティティ
  • 1.6 まとめ

第2章 Self-Sovereign Identityとは

  • 2.1 Self-Sovereign Identityの登場
  • 2.2 Self-Sovereign Identityの10原則
  • 2.3 Self-Sovereign Identityの現在
  • 2.4 Self-Sovereign Identityを実現する構成要素

第3章 ユースケース ― 学位証明

  • 3.1 従来の学位証明の課題
  • 3.2 SSIを使った学位証明の解決

第4章 Self-Sovereign Identityのコアコンポーネント

  • 4.1 DID
  • 4.2 DID Document
  • 4.3 Verifiable Credentials

第5章 デモ

  • 5.1 Hyperledger Indy, Aries, Ursa
  • 5.2 デモの実行

第6章 プロセス解説

  • 6.1 Aries Agentのアーキテクチャ
  • 6.2 コネクションの確立
  • 6.3 Agent間のBasicメッセージング
  • 6.4 Credentialを発行する準備
  • 6.5 Credentialの発行
  • 6.6 Proofの要求および提示

第7章 Aries Protocol

  • 7.1 DID Peer
  • 7.2 Basic Message Protocol
  • 7.3 Issue Credential Protocol
  • 7.4 Present Proof Protocol

終わりに

  • コンセプトや全体像をもっと把握したい
  • なぜブロックチェーンなのかをもう少し知りたい
  • 技術仕様の一覧を見たい
  • DIDをもっと知りたい
  • Verifiable Credentialsをもっと知りたい
Home 書籍一覧 アイデンティティはだれのもの? Hyperledger Indy & Ariesで実現する分散アイデンティティ ▲ ページトップへ戻る