試験公開中

このエントリーをはてなブックマークに追加

How to Develop Flutter Apps

インプレスR&D

1,600円+税

Flutterを使いこなして、クロスプラットフォームでアプリ開発!

関連サイト

本書の関連ページが用意されています。

内容紹介

【クロスプラットフォームのUIフレームワークFlutterを使いこなす!】

本書はクロスプラットフォームでアプリ開発するためのUIフレームワーク「Flutter」の概要と活用についての初心者向け解説書です。簡単なアプリ開発を通じてFlutterの機能を理解し、実際のアプリ開発に活かすことができます。

書誌情報

  • 著者: 南里 勇気, 小島 徹也, 矢田 裕基, 太田 佳敬
  • 発行日:
  • 最終更新日: 2019-04-12
  • バージョン: 1.0.0
  • ページ数: 48ページ(PDF版換算)
  • 対応フォーマット: PDF, EPUB
  • 出版社: インプレスR&D

対象読者

著者について

南里 勇気

学生時代に受託開発でWebシステムの案件をこなし、全く経験のないモバイルアプリ開発の世界へ。メインの仕事はヘルスケアアプリのモバイル開発で、主にAndroidを主戦場とする。

小島 徹也

好きな言語はSwift。iOSアプリ開発を中心に行なっているが、最近はFlutterやGoにも興味を持ち始めている。今一番の関心事は子育て。

矢田 裕基

好きな言語はSwift。iOSアプリ開発を中心に行なっているが、最近はFlutterやGoにも興味を持ち始めている。今一番の関心事は子育て。

太田 佳敬

メインの仕事はマイクロサービスのWebアプリを開発する仕事だが、スマホのゲームから機械学習までとりあえずなんでもやる人。一部のマイクロサービスをサーバーレスにすることでコストを安くスケールもしやすくなるのではと思い、サーバーレスに手を出し始める。共著に「Amazon Web Servicesサーバーレスレシピ」(インプレスR&D)がある。

目次

第1章 Flutterの背景と概要

  • 1.1 Flutterの特徴
  • 1.2 既存のマルチプラットフォームとの違い
  • 1.3 Flutterのセットアップ

第2章 Firebaseによるログイン機能を作る

  • 2.1 簡単な機能説明
  • 2.2 Firebaseにプロジェクトを作る
  • 2.3 ログイン画面を作る
  • 2.4 匿名ログインする
  • 2.5 ログイン後の画面を作る
  • 2.6 Googleアカウントでログインする
  • 2.7 ユーザー名を表示する
  • 2.8 自動ログイン機能を作る
  • 2.9 ログアウトする
  • 2.10 まとめ

第3章 ヘルスケアデータを取得する

  • 3.1 iOS/Androidにおける歩数データ取得の方法
  • 3.2 Flutterアプリの全体構成
  • 3.3 Pluginの開発方法
  • 3.4 歩数データ取得サンプルアプリの作成(Flutter)
Home 書籍一覧 How to Develop Flutter Apps ▲ ページトップへ戻る