試験公開中

このエントリーをはてなブックマークに追加

Haskellで作るWebアプリケーション 遠回りして学ぶYesod入門

インプレスR&D

1,600円+税

Haskellの入門書レベルの知識をもつ読者を対象とした、ウェブアプリケーションフレームワークYesodの入門書です。本書を通じてYesodの基本的な知識とHaskellでのウェブアプリケーション開発に挑んで見ましょう!

関連サイト

本書の関連ページが用意されています。

内容紹介

【HaskellのウェブアプリケーションフレームワークYesodの入門書!】

本書は、Haskellの入門書レベルの知識をもつ読者を対象とした、ウェブアプリケーションフレームワークYesodの入門書です。比較的学習コストの高いYesodですが、本書を通じてYesodの基本的な知識とHaskellでのウェブアプリケーション開発に挑んで見ましょう!

書誌情報

  • 著者: 岡本 和樹, 小山内 一由
  • 発行日: (紙書籍版発行日: 2018-08-31)
  • 最終更新日: 2018-08-31
  • バージョン: 1.0.0
  • ページ数: 76ページ(PDF版換算)
  • 対応フォーマット: PDF, EPUB
  • 出版社: インプレスR&D

対象読者

Haskellの入門書は既に読みこなしているプログラマ、Haskellでウェブアプリを作ってみたいプログラマ

著者について

岡本 和樹

代数的データ型と副作用の分離に惚れ込んで、宣伝活動をしている。街中の λ 形を探すのが日課。Twitter・GitHub は kakkun61。

小山内 一由

2010年ごろにHaskellに触れ、面倒なチェックを機械におこなわせる魅力を知りHaskellを続けている。2017年より日本Haskellユーザーグループに参加。

目次

第1章 Stackとは

  • 1.1 Hello World with Stack

第2章 Hello, Yesod!

  • 2.1 プロジェクト作成
  • 2.2 生成されたファイル

第3章 文字列はString型?

  • 3.1 String
  • 3.2 Text
  • 3.3 ByteString

第4章 言語拡張

  • 4.1 言語拡張とは
  • 4.2 RecordWildCards
  • 4.3 TupleSections
  • 4.4 ViewPatterns
  • 4.5 NoImplicitPrelude
  • 4.6 DeriveDataTypeable
  • 4.7 TypeFamilies
  • 4.8 GADTs
  • 4.9 MultiParamTypeClasses
  • 4.10 FlexibleContexts
  • 4.11 FlexibleInstances
  • 4.12 EmptyDataDecls
  • 4.13 GeneralizedNewtypeDeriving
  • 4.14 MonomorphismRestriction

第5章 Template Haskell

  • 5.1 生成されるコードを見てみる
  • 5.2 コード生成
  • 5.3 Quasi Quotes

第6章 わいわいWAI

  • 6.1 Hello, WAI!
  • 6.2 ルーティング
  • 6.3 クエリーパラメーター
  • 6.4 HTTPメソッド

第7章 ハンドラーとルーティング

  • 7.1 サンプルコードの準備
  • 7.2 ビルド
  • 7.3 ルーティング
  • 7.4 Homeハンドラー
  • 7.5 Commentハンドラー

第8章 Shakespeareanテンプレート

  • 8.1 Hamlet
  • 8.2 Julius・Lucius・Cassius

第9章 データベース

  • 9.1 モデル
  • 9.2 操作

第10章 Yesodを自習するに当たって

第11章 Middlewareを作ってみよう - Katipによるリクエストロガー

  • 11.1 Middleware
  • 11.2 多機能ロガーKatip
  • 11.3 リクエストロガーの開発
Home 書籍一覧 Haskellで作るWebアプリケーション 遠回りして学ぶYesod入門 ▲ ページトップへ戻る