試験公開中

このエントリーをはてなブックマークに追加

自動価格チェッカーをつくる本 Google Cloud+Slack/Discordで構築!

インプレスR&D

1,760円 (1,600円+税)

本書は、スクレイピングやAPIアクセスを用いて、自動で商品などの価格をチェックする方法を解説しています。もちろんそれだけではなく、SlackやDiscordと連携したチャットボット経由でデータを登録したり、チャンネルに対して結果を知らせることもできます。

関連サイト

本書の関連ページが用意されています。

内容紹介

本書は、スクレイピングやAPIアクセスを用いて、自動で商品などの価格をチェックする方法を解説しています。もちろんそれだけではなく、SlackやDiscordと連携したチャットボット経由でデータを登録したり、チャンネルに対して結果を知らせることもできます。また、実行基盤としてはGoogle Cloudを利用し、コンテナやサーバレス、果てはKubernetesなど様々な環境で動作させるよう構築します。

2020年~2021年の技術トレンドが盛りだくさんとなっており、これらの技術やクラウドの利用例を知りたいという方にも最適な1冊となっています。

書誌情報

  • 著者: 木村 俊彦
  • 発行日: (紙書籍版発行日: 2022-01-21)
  • 最終更新日: 2022-01-21
  • バージョン: 1.0.0
  • ページ数: 158ページ(PDF版換算)
  • 対応フォーマット: PDF, EPUB
  • 出版社: インプレスR&D

対象読者

スクレイピング,Google,Slack,Discord,自動化,コンテナ,サーバレス,チャット,Bot,技術書典,同人誌に興味がある人

著者について

木村 俊彦

宮城県出身・在住。学生時代からプログラミングに勤しみ、そのままシステム開発会社へ就職。その後Web制作会社などを経て、現在はサーバサイド(PHP)のアプリケーション構築がメインで、インフラ(AWS)も扱う。クラウド(AWS/GCP)とコンテナ(Docer/Kubernetes)とIoTに興味がある。PHPカンファレンス仙台コアスタッフ、技術同人誌サークル「杜の都の開発室」主宰。

目次

まえがき

  • 想定読者
  • ゴール
  • ソースコード
  • 連絡先
  • 免責事項
  • 表記関係

第1章 作業準備をする

  • 1.1 Google Cloud
  • 1.2 DMM WebサービスのAPI ID
  • 1.3 Node.js

第2章 アプリケーションを構築する

  • 2.1 概要
  • 2.2 共通ライブラリー追加
  • 2.3 データ取得処理作成
  • 2.4 チャット連携構築
  • 2.5 チェック処理作成

第3章 チャットとの連携を設定する

  • 3.1 概要
  • 3.2 VMインスタンス作成と設定
  • 3.3 Slackとの連携
  • 3.4 Discordとの連携

第4章 各環境にデプロイする

  • 4.1 概要
  • 4.2 準備
  • 4.3 Compute Engineにデプロイ
  • 4.4 Cloud Functionsにデプロイ
  • 4.5 Cloud Runにデプロイ
  • 4.6 Google Kubernetes Engineにデプロイ

第5章 自動でデプロイする

  • 5.1 概要
  • 5.2 リポジトリーの作成
  • 5.3 リポジトリーにコードを反映
  • 5.4 Cloud Runと連携する
  • 5.5 Cloud Functionsと連携する
  • 5.6 GKEと連携する

あとがき

Home 書籍一覧 自動価格チェッカーをつくる本 Google Cloud+Slack/Discordで構築! ▲ ページトップへ戻る