試験公開中

このエントリーをはてなブックマークに追加

Elastic Stackで作るBI環境 Ver.7.4対応改訂版

インプレスR&D

1,600円+税

BIツール「Elastic Stack」をつかってログファイルを集計し、グラフなどでビジュアル豊かに分析するための環境構築チュートリアルのバージョン7.4対応版です。

関連サイト

本書の関連ページが用意されています。

内容紹介

サーバーのアクセスログやTwitterのつぶやき、様々な機器の動作状況など各種のログファイルをExcelで分析していませんか?本書はBIツール「Elastic Stack」をつかってログファイルを集計し、グラフなどでビジュアル豊かに分析するための環境構築チュートリアルのバージョン7.4対応版です。

書誌情報

  • 著者: 石井 葵
  • 発行日: (紙書籍版発行日: 2019-11-29)
  • 最終更新日: 2019-11-29
  • バージョン: 1.0.0
  • ページ数: 128ページ(PDF版換算)
  • 対応フォーマット: PDF, EPUB
  • 出版社: インプレスR&D

対象読者

BI,Elastic,データ分析,検索,可視化,分析に興味がある人

著者について

石井 葵

労働して、ゲームして、季節の変わり目毎に技術同人誌を書いて即売会に出ています。ソウルフードはチョコミントアイス、最近の日課は朝6:30からのラジオ体操です。著書に『Elastic Stackで作るBI環境 バージョン6.4対応版』『わかりやすく書ける!技術同人誌初心者のための執筆事例集』、共著に『Introduction of Elastic Stack 6』(ともにインプレスR&D刊)。

目次

第1章 Elastic Stackって何?

  • 1.1 Logstash
  • 1.2 Elasticsearch
  • 1.3 Kibana
  • 1.4 Beats
  • 1.5 Elastic Licenseで使用できる機能
  • 1.6 APM
  • 1.7 SIEM
  • 1.8 Elastic Cloud
  • 1.9 この本における基本的な構成

第2章 環境構築

  • 2.1 インストールの順番
  • 2.2 事前準備
  • 2.3 Elasticsearchのインストール
  • 2.4 Kibanaのインストール
  • 2.5 Logstashのインストール

第3章 データを集めて可視化しよう(CSVのデータを集める編)

  • 3.1 可視化するデータの準備
  • 3.2 logstash.confの概要を知る
  • 3.3 inputプラグインコンフィグの作成
  • 3.4 outputプラグインコンフィグの作成
  • 3.5 logstash.confをテストしつつ内容を調整する

第4章 データを集めて可視化しよう(Beatsを使って情報を集めてみる)

  • 4.1 Beatsのインストール
  • 4.2 Metricbeatのセットアップ
  • 4.3 Metricbeatの起動

第5章 Kibanaを使ったデータの閲覧

  • 5.1 Kibanaの画面項目
  • 5.2 Discover画面を使ってみよう
  • 5.3 Discoverでデータを閲覧する

第6章 Visualize画面でデータを可視化する

  • 6.1 Visualize種別を知る
  • 6.2 Visualize画面でグラフを作成する
  • 6.3 グラフを作成する:グラフを保存する

第7章 Dashboard画面を使ってグラフを一覧表示する

  • 7.1 グラフを並べる
  • 7.2 グラフの大きさを指定する
  • 7.3 保存する(検索期間を保持する/しないを選択する)
  • 7.4 作成したDashboardを編集する
Home 書籍一覧 Elastic Stackで作るBI環境 Ver.7.4対応改訂版 ▲ ページトップへ戻る