試験公開中

このエントリーをはてなブックマークに追加

Elastic Stackで作るBI環境 バージョン6.4対応版

インプレスR&D

1,600円+税

サーバーのアクセスログやTwitterのつぶやき、様々な機器の動作状況など各種のログファイルをExcelで分析していませんか?本書はOSSで提供されているBI環境「Elastic Stack」をつかってログファイルを集計し、グラフなどでビジュアル豊かに分析するための環境構築チュートリアルです。

関連サイト

本書の関連ページが用意されています。

内容紹介

【誰でも簡単にログ分析!OSSのBIツールElastic Stack・最新版対応解説書!】

サーバーのアクセスログやTwitterのつぶやき、様々な機器の動作状況など各種のログファイルをExcelで分析していませんか?本書はOSSで提供されているBI環境「Elastic Stack」をつかってログファイルを集計し、グラフなどでビジュアル豊かに分析するための環境構築チュートリアルです。

書誌情報

  • 著者: 石井 葵
  • 発行日: (紙書籍版発行日: 2018-10-05)
  • 最終更新日: 2019-04-12
  • バージョン: 1.1.0
  • ページ数: 112ページ(PDF版換算)
  • 対応フォーマット: PDF, EPUB
  • 出版社: インプレスR&D

対象読者

著者について

石井 葵

Elasticsearch、Kibana、Logstashを使用したデータ分析基盤の設計・構築をメインに行なうインフラエンジニアだったが、最近配属が変わって新卒なエンジニアの教育を実施している。新卒エンジニアと一緒にプログラミングやアプリケーション開発手法を学ぶ日々を過ごしている。

目次

Elastic Stackって何?

  • Logstash
  • Elasticsearch
  • Kibana
  • Beats
  • Elastic Cloud
  • 基本的な構成

環境構築

  • インストールの順番
  • 事前準備
  • Elasticsearchのインストール
  • Logstashのインストール
  • Kibanaのインストール

データを集めて可視化しよう(Twitterのつぶやき履歴編)

  • Twilogサービスを利用したログ取得(ログデータの準備)
  • logstash.confとは?
  • outputプラグイン
  • filterプラグイン
  • logstash.confのテスト方法
  • ここまでで作成したlogstash.confをおさらいする

データを集めて可視化しよう(Beatsを使って情報を集めてみる)

  • Beatsのインストール
    • パッケージを使ってインストールする場合(Windows以外のOS)
    • Windowsにインストールする場合
    • Metricbeatのセットアップ
    • 環境をセットアップする
    • Metricbeatの起動

Kibanaを使ったデータの閲覧

  • KibanaのUI
  • Discover画面を使ってみよう 
  • indexの紐付け
  • 新しくデータを取り込んだ場合
  • Discoverでログを閲覧する
  • データの検索期間を変更する
  • Discover画面でログを詳しく閲覧しよう
  • 自分で検索してみよう
  • 検索条件を保存しよう

Visualize画面でデータを可視化する

  • Visualize画面で作成できるグラフの種類
  • Visualize画面でグラフを作成する

Dashboard画面を使ってグラフを一覧表示する

  • グラフを並べる
  • グラフの大きさを指定する
  • 保存する(検索期間を保持する/しないを選択する)
  • グラフの色を変更
  • 作成したDashboardを編集する

トラブルシューティング

  • Elasticsearchが起動しない
  • Elasticsearchに対してcurlコマンドを発行できない
  • Elasticsearchサービスをrestartしようとすると、エラーが出力される
  • Kibana画面の様子がおかしい
Home 書籍一覧 Elastic Stackで作るBI環境 バージョン6.4対応版 ▲ ページトップへ戻る