試験公開中

このエントリーをはてなブックマークに追加

Docker/Kubernetes開発・運用のためのセキュリティ実践ガイド

マイナビ出版

3,680円+税

本番環境へのコンテナ導入に必携の一冊

関連サイト

本書の関連ページが用意されています。

内容紹介

DockerやKubernetesを使ってアプリケーションをデプロイすることは、いまや当たり前になりつつあります。しかしながら、DockerやKubernetesのセキュリティを確保することはいまだに簡単ではありません。デフォルトの設定でコンテナを実行していませんか? Kubernetesのリソースに対する権限を正しく設定できていますか?

本書は、DockerやKubernetesのセキュリティを強化するための設定方法や、便利なツールの使い方について、網羅的かつ詳細に記しています。また、Dockerに代わるコンテナエンジンとして話題のPodmanなど、最新のソフトウェアに関する情報もふんだんに盛り込みました。

第1章 Docker/Kubernetesのおさらい ・DockerやKubernetesの使い方について簡単におさらいします。

第2章 コンテナ運用における脅威の事例 ・DockerやKubernetesを構成するコンポーネントの過去の脆弱性情報や、設定ミスによる攻撃被害事例を紹介します。

第3章 ランタイムのセキュリティTips ・Docker APIエンドポイントを保護する方法、コンテナを非rootユーザで実行する方法や、SELinuxでファイルアクセスを厳しく制限する方法などを紹介します。

第4章 イメージのセキュリティTips ・Dockerイメージの脆弱性を検査する方法や、プライベートイメージレジストリの構築方法などを紹介します。

第5章 KubernetesクラスタのセキュリティTips ・Service AccountやRBACの基本的な設定方法から、独自のAdmission Webhookの開発方法といった応用的なTipsまで幅広く紹介します。

第6章 アプリケーション間通信を守る ・Network PolicyやIstioを使ってPodの通信を制御する方法や、SPIFFEでアプリケーションを認証する方法を紹介します。

書誌情報

  • 著者: 須田 瑛大, 五十嵐 綾, 宇佐美 友也
  • 発行日: (紙書籍版発行日: 2020-02-27)
  • 最終更新日: 2020-02-27
  • バージョン: 1.0.0
  • ページ数: 352ページ(PDF版換算)
  • 対応フォーマット: PDF
  • 出版社: マイナビ出版

対象読者

著者について

須田 瑛大

日本電信電話株式会社ソフトウェアイノベーションセンタ所属。入社以来、オープンソースソフトウェア(OSS)に関する活動に従事。Moby(dockerd)、BuildKit、containerd などのOSS のメンテナ(開発委員)を務めている。とくにRootless コンテナ技術に貢献。また、Docker Meetup Tokyo を共同運営している。

五十嵐 綾

OpenStack をベースとしたIaaS/PaaS のクラウドサービス基盤を5 年ほど開発したのち、2017 年よりゼットラボ株式会社でヤフー社向けのKubernetes 管理基盤の研究開発を担当。ほか、Kubernetes 関連のOSS 開発や、Kubernetes Meetup Tokyo を共同運営している。

宇佐美 友也

IDaaS の立ち上げなど認証関連のプロジェクトに従事したのち、2016 年9 月にゼットラボ株式会社に入社。Zero Trust Network やサービス認証の技術を中心にインフラ基盤の研究開発を行っている。社外活動としてSPIFFE/SPIRE プロジェクトへのコントリビューションをはじめ、SPIFFE Meetup Tokyo を共同運営している。

目次

第1章 Docker/Kubernetesのおさらい

  • 1.1 Dockerの復習
  • 1.2 Kubernetesの復習

第2章 コンテナ運用における脅威の事例

  • 2.1 API エンドポイントの設定ミス
  • 2.2 ランタイムやカーネルの脆弱性
  • 2.3 イメージの脆弱性

第3章 ランタイムのセキュリティTips

  • 3.1 Docker APIエンドポイントを保護する
  • 3.2 コンテナ実行ユーザを変更する
  • 3.3 ケーパビリティやシステムコールを制限する
  • 3.4 ファイルアクセスを制御する
  • 3.5 リソースを制限する
  • 3.6 代替ランタイムを利用する
  • 3.7 コンテナを監視する
  • 3.8 設定を検証する

第4章 イメージのセキュリティTips

  • 4.1 Dockerfile からプライベートなGit やS3 にアクセスする
  • 4.2 コンテナ内で安全にイメージをビルドする
  • 4.3 イメージの脆弱性を検査する
  • 4.4 改竄されたイメージのデプロイを防ぐ
  • 4.5 プライベートレジストリを構築する(Harbor)

第5章 Kubernetesクラスタのセキュリティtips

  • 5.1 クラスタを最新の状態に保つために
  • 5.2 ミスや攻撃から守るAPI のアクセス制御
  • 5.3 認証モジュールの選び方と使い方
  • 5.4 Service Account によるサービス認証とアカウント管理
  • 5.5 認可モジュールの種類と利用方法
  • 5.6 Admissionコントローラによる柔軟なアクセス制御
  • 5.7 Webhookで独自のAdmission Controlを追加する
  • 5.8 システムコンポーネント間通信の保護
  • 5.9 スケジューラによる割り当てノードの制御
  • 5.10 秘密情報を管理する
  • 5.11 GitOps のためのSecret 管理

第6章 アプリケーション間通信を守る

  • 6.1 Network Policy を使ってPod の通信を制御する
  • 6.2 Istioを使ってPod間の通信を守る
  • 6.3 SPIFFE によるアプリケーションの認証
  • 6.4 クラスタ外部との通信を守る
Home 書籍一覧 Docker/Kubernetes開発・運用のためのセキュリティ実践ガイド ▲ ページトップへ戻る