試験公開中

このエントリーをはてなブックマークに追加

デザインエンジニアリングのすすめ アプリ開発を前進させる5つのプラクティス

インプレスR&D

1,760円 (1,600円+税)

本書は株式会社グッドパッチのエンジニアによる合同誌です。今回はエンジニア有志が集い、技術やデザインについて何を思い、普段どのようなことに興味を持ち、ユーザー体験を向上させるためにどのようなことを考え、仕事に活かしているのかを1冊にまとめました。

関連サイト

本書の関連ページが用意されています。

内容紹介

本書は株式会社グッドパッチのエンジニアによる合同誌です。

グッドパッチは「デザインの力を証明する」をミッションとしたUI/UXデザインに特化したデザインカンパニーです。これまでスタートアップのデザイン支援や大手企業における新規事業の立ち上げなど、様々なプロジェクトで戦略から開発までをお手伝いしてきました。社内には多様なバックグランドを持つエンジニア、デザイナーがいます。今回はその中からエンジニア有志が集い、技術やデザインについて何を思い、普段どのようなことに興味を持ち、ユーザー体験を向上させるためにどのようなことを考え、仕事に活かしているのかを1冊にまとめました。

書誌情報

  • 著者: 株式会社グッドパッチ
  • 発行日: (紙書籍版発行日: 2022-09-16)
  • 最終更新日: 2022-09-16
  • バージョン: 1.0.0
  • ページ数: 80ページ(PDF版換算)
  • 対応フォーマット: PDF, EPUB
  • 出版社: インプレスR&D

対象読者

UX,UI,UX/UI,デザイナー,エンジニア,UIKit,SwiftUI,同人誌,技術同人誌,技術書典に興味がある人

著者について

株式会社グッドパッチ

グッドパッチは、東京、ベルリン、ミュンヘンにオフィスを構えるデザインの力でビジネスを前進させるグローバルデザインカンパニーです。デザインパートナー事業では、新規事業の立ち上げ、既存事業のリニューアル、企業のデザイン戦略立案、デザイン組織構築支援などを行い、大企業からスタートアップまで企業が持つビジネス課題をデザインで解決しています。デザインプラットフォーム事業では、フルリモートデザイン組織「Goodpatch Anywhere」、デザイナー特化型キャリア支援サービス「ReDesigner」、オンラインホワイトボード「Strap」、プロトタイピングツール「Prott」を提供しデザインの価値向上を目指しています。

目次

第1章 人々はなぜデザイナーとエンジニアをつなぐ架け橋に夢を見て、それでもなお夢であり続けるのか

第2章 エンジニアから始めるチームデザイン

第3章 テクニカルプロトタイプのすすめ〜日常の中で行う体験検証〜

第4章 UIKitで実装されているiOS AppにSwiftUIを導入する

第5章 Jetpack ComposeでModifier順序の影響を理解する

Home 書籍一覧 デザインエンジニアリングのすすめ アプリ開発を前進させる5つのプラクティス ▲ ページトップへ戻る