試験公開中

このエントリーをはてなブックマークに追加

カードゲーム制作を支える技術

インプレスR&D

1,760円 (1,600円+税)

本書は、著者が同人サークルとしてカードゲーム制作を行う中で導き出した各種の技術を紹介しています。

関連サイト

本書の関連ページが用意されています。

内容紹介

本書は、著者が同人サークルとしてカードゲーム制作を行う中で導き出した各種の技術を紹介しています。アナログゲームの制作工程におけるコラボレーションを支える技術や、Adobe Illustrator Scriptingによる継続的インテグレーションなどの実際のゲーム制作過程で活用したノウハウを解説しています。

書誌情報

  • 著者: 反社会人サークル
  • 発行日: (紙書籍版発行日: 2021-11-19)
  • 最終更新日: 2021-11-19
  • バージョン: 1.0.0
  • ページ数: 144ページ(PDF版換算)
  • 対応フォーマット: PDF, EPUB
  • 出版社: インプレスR&D

対象読者

カードゲーム,制作,ツール,環境構築,技術書典,同人誌に興味がある人

著者について

反社会人サークル

社会に蔓延する「社会人サークル」への対抗として2010年に結成された、ロウドウ系文芸&アナログゲーム制作団体。3人の労働者により構成されている。労働を題材にしたカードゲームに定評があり、特に『この過労死がすごい!』『顧客が本当に必要だったものゲーム』はTwitterやウェブメディアで話題になった。他にも、機械学習を学ぶカードゲーム『特徴量モンスター』や、スパイスの匂いで推理するマーダーミステリー『スパイス工場殺人事件』など、一風変わったゲームを制作し続けている。
Twitterアカウント:@hanshakaijin

目次

第1章 アナログゲーム制作の各工程におけるコラボレーションを支える技術

第2章 カードゲーム制作の金と時間を支える技術

第3章 Adobe Illustrator Scriptingによる継続的インテグレーション

第4章 オンラインテストプレイを支えるユドナリウム活用法

第5章 アナログゲーム制作を支える飲食店利用術

第6章 GMレスで円滑な進行を実現するLINE bot設計ガイド(+実装ガイド)

第7章 コロナ禍におけるオンライン打ち合わせ会場開拓の技術

Home 書籍一覧 カードゲーム制作を支える技術 ▲ ページトップへ戻る