試験公開中

このエントリーをはてなブックマークに追加

IT化を始める前に読む本 ツール導入、システム開発の成功戦略

インプレスR&D

1,400円+税

本書ではベンダーとのギャップをいかにして埋めていくか、3つのステップについて具体的にわかりやすく解説しています。

関連サイト

本書の関連ページが用意されています。

内容紹介

ITシステムとは業務を簡略化すべきものです。しかし、本来の目的を達成できていない現場は非常に多いのです。なぜこのようなことになってしまうのでしょうか。

考えてみれば当たり前のことなんですが、ツール販売会社やシステム開発会社とこれら導入者のスタートもゴールも異なります。

重要なのはITベンダーとスタート・ゴールを合わせた上で、課題の深堀りと解決方法の立案をしっかりと行うこと。そして、ITベンダーとともに要件定義と基本設計を網羅的に行い、ITシステム導入後にその効果を確認することです。

本書ではこのベンダーとのギャップをいかにして埋めていくか、次の3つのステップについて具体的にわかりやすく解説しています。

1.ITシステム導入前
2.システム開発 or パッケージ導入
3.開発後、導入後

「ITシステムを導入したいが何をしていいかが分からない」「システム会社にITシステムの開発を依頼したい」「パッケージソフトやASPの購入を考えている」がITに詳しくない、という方におすすめです。

書誌情報

  • 著者: 北村 太一
  • 発行日: (紙書籍版発行日: 2020-04-24)
  • 最終更新日: 2020-04-24
  • バージョン: 1.0.0
  • ページ数: 106ページ(PDF版換算)
  • 対応フォーマット: PDF, EPUB
  • 出版社: インプレスR&D

対象読者

スクラッチ開発,IT ツールベンダー,要件定義,基本設計工程,詳細設計,テスト工程,単体テスト,結合テスト,総合テスト,KPT,ベンダーの選定,解決手法の選択,IT システムの種類,システム開発会社,システム開発の流れ,プロジェクトの進め方,契約形態,提案書の確認ポイント,障害発生時の対応,提案書の確認ポイントに興味がある人

著者について

北村 太一

2002年産能大学経営情報学部卒業後、2018年ビジネスブレイクスルー大学大学院 経営学研究科卒業(MBA)。
職歴:中小IT企業を約18年間渡り歩き、現在は株式会社ウフルXU本部にてシニアアーキテクトとして業務に従事する傍ら、株式会社UkiDamaを立ち上げ、代表取締役へ就任。世の中からITの格差を無くす事を自らのミッションとしている。
職種:物流、広告、マーケティング、CRM、データ分析などを経験。
得意領域:プロジェクトマネジメント、要件定義、基本設計。システム開発部隊のチームビルディング。ITコンサルティング。
得意言語:Java、PHP

目次

基礎知識編

第1章 ツール導入・システム開発における現状

第2章 ツール導入・システム開発を成功させるために

第3章 課題発生時にやるべきこと

第4章 解決手法の選択

第5章 ベンダーの選定

第6章 システム開発時の各工程を横断してやるべきこと

第7章 要件定義工程にてやるべきこと

第8章 基本設計工程にてやるべきこと

第9章 詳細設計~テスト工程のポイント

第10章 システム利用開始後にやるべきこと

第11章 プロジェクトの振り返り

Home 書籍一覧 IT化を始める前に読む本 ツール導入、システム開発の成功戦略 ▲ ページトップへ戻る