試験公開中

このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴールも手段も自分で決める!バックオフィス問題解決マニュアル

インプレスR&D

1,600円+税

総合職や管理職の方がRPA・AI時代にも通用する業務改善をExcelベースで学び、実践することができます。ITILと呼ばれるマネジメントの知識や業務改善のノウハウを学びながら、Excelでかんたんにツールづくりのわざを身に着けましょう。

関連サイト

本書の関連ページが用意されています。

内容紹介

従来よりバックオフィス支援ツールには、業務視点の不足から導入コスト・運用管理の問題がありました。そして現在、RPAツールでも同様の事態が起こり始めています。本書では、総合職や管理職の方がRPA・AI時代にも通用する業務改善をExcelベースで学び、実践することができます。ITILと呼ばれるマネジメントの知識や業務改善のノウハウを学びながら、Excelでかんたんにツールづくりのわざを身に着けましょう。

書誌情報

  • 著者: 花房 なゆた, 山川 信之
  • 発行日: (紙書籍版発行日: 2019-12-06)
  • 最終更新日: 2019-12-06
  • バージョン: 1.0.0
  • ページ数: 92ページ(PDF版換算)
  • 対応フォーマット: PDF, EPUB
  • 出版社: インプレスR&D

対象読者

Excel,自動化,効率化,RPA,総務,人事,財務,庶務に興味がある人

著者について

花房 なゆた

業務改善と市場調査を軸とした、領域横断的な問題解決が専門。金融系バックオフィスでは、Excel・Aceess VBAとマネジメントの知識を活かし、EUC開発を主導。医療機関・社交飲食店では、プロモーションや情報システムに関わるなど、活動は多岐にわたる。勉強会・イベント運営にも力を入れており、異業種・異分野における知見導入、専門的な知識・技能の一般への周知を推進している。

山川 信之

業務改善、内部統制、ITコンサルティングを経て、業務とデータ分析に関する知見を蓄積。2016年よりデータサイエンティスト職に従事。Excel歴は20年。好きな関数はINDIRECT

目次

第1章 バックオフィススタッフに必要なリテラシー

  • 1.1 バックオフィスとは?
  • 1.2 RPAツールの流行により見直された、業務設計の重要性
  • 1.3 EUCの概念
  • 1.4 ケーススタディで学ぶ、基礎的なマネジメント用語

第2章 どのExcelファイルを選ぶか

  • 2.1 リスト化から始める
  • 2.2 シートのリストを追加する
  • 2.3 ファイルを選定する
  • 2.4 問題点を特定し、改善する

第3章 業務の把握、改善

  • 3.1 よくある業務改善の進め方
  • 3.2 トップダウンとボトムアップ
  • 3.3 ボトムアップ改善の場合
  • 3.4 Excelで改善するべき業務をどうやって把握するか
  • 3.5 まず何からやるか?
  • 3.6 小さく成功する
  • 3.7 Excel業務改善の進め方

第4章 ケーススタディ ~既に「Excel方眼紙」が存在するケース~

  • 4.1 背景
  • 4.2 Excel方眼紙におけるTips
  • 4.3 改善の流れ

第5章 ケーススタディ ~建設業の入出金シミュレータ作成~

  • 5.1 作りたいもののイメージ
  • 5.2 まずは現状把握
  • 5.3 設計方針
  • 5.4 まとめ

第6章 汎用的な機能のアドイン化

  • 6.1 アドインとは
  • 6.2 アドインの利点
  • 6.3 アドイン開発の効率化
Home 書籍一覧 ゴールも手段も自分で決める!バックオフィス問題解決マニュアル ▲ ページトップへ戻る