試験公開中

このエントリーをはてなブックマークに追加

バックエンドエンジニアによる初めてのJamstack

インプレスNextPublishing

1,980円 (1,800円+税)

本書は筆者がJamstackについて実際に役立つ、シンプルなチュートリアル以上のものを目指して筆者が開発したVueアプリケーションを通じて、実装過程中心にまとめた解説書です。

関連サイト

本書の関連ページが用意されています。

内容紹介

本書は筆者がJamstackについて実際に役立つ、シンプルなチュートリアル以上のものを目指して筆者が開発したVueアプリケーションを通じて、実装過程中心にまとめた解説書です。

サーバーの管理に関して脆弱性対応など、開発者に求められる業務の範囲は大幅に拡大しています。しかし有能なプログラマーであると同時に有能なサーバー管理者としてのスキルを維持し続けることは困難です。

本書ではSupabaseで構築したデータベースからデータを取得し、リアルタイムで表示する仕組みを実装します。そのためにVue.jsで開発したフロントエンドアプリケーションを、Netlifyにデプロイする手順についてステップ・バイ・ステップで解説します。Jamstackって言葉はよく聞くけれどどんなもの?と思ったときに、実際に試すための手順書としても活用できる一冊です。

書誌情報

  • 著者: 大宮 薫
  • 発行日: (紙書籍版発行日: 2022-12-09)
  • 最終更新日: 2022-12-09
  • バージョン: 1.0.0
  • ページ数: 146ページ(PDF版換算)
  • 対応フォーマット: PDF, EPUB
  • 出版社: インプレスNextPublishing

対象読者

Vue.js,フロントエンド,Webアプリ,Superbase,Netlify,バックエンド,サーバーサイド,同人誌,技術同人誌,技術書典に興味がある人

著者について

大宮 薫

ソフトウェア開発者、テクニカル・ライター。1975年大阪府生まれ。京都造形芸術大学(現京都芸術大学)芸術学部デザイン科卒。国内におけるインターネット黎明期よりウェブアクリケーションの開発に従事。Perl、Java、Drupal、PHPなどを経てフロントエンド開発を中心に移行中。

目次

第1章 やりたいこと

第2章 Jamstackとは

第3章 Netlify

第4章 Supabase

第5章 Vue.js

第6章 Vue Router

第7章 パラメーターの受け取り

第8章 Supabaseとの接続とVueスクリプトの構造

第9章 リアルタイムに反映しよう

第10章 GitHubへのデプロイ

第11章 サーバーレス・ファンクション

第12章 見栄えの改善

第13章 APIキーを隠そう

第14章 アニメーションをつけよう

第15章 さらなる学習に向けて

Home 書籍一覧 バックエンドエンジニアによる初めてのJamstack ▲ ページトップへ戻る