試験公開中

このエントリーをはてなブックマークに追加

AWSで学ぶクラウドネイティブ実践入門

インプレスR&D

2,000円+税

クラウドネイティブを支える技術である「コンテナ」と「CI/CD(継続的インテグレーション/継続的デリバリー)」を中心とし、AWS(Amazon Web Services)のECS/Fargate/Codeシリーズなどの各種サービスを組み合わせていくことで、コンテナやCI/CDのベース環境の構築をハンズオン形式で構成しています。

関連サイト

本書の関連ページが用意されています。

内容紹介

クラウドネイティブとは、各種のクラウドサービスを利用して構築された、クラウド環境での運用を前提としたシステムやサービスを指す定義です。本書はこのクラウドネイティブを支える技術である「コンテナ」と「CI/CD(継続的インテグレーション/継続的デリバリー)」を中心とし、AWS(Amazon Web Services)のECS/Fargate/Codeシリーズなどの各種サービスを組み合わせていくことで、コンテナやCI/CDのベース環境の構築をハンズオン形式で構成しています。中級者でも満足できるように、ハンズオン内には随所に構築に役立つTipsや補足情報なども記載しています。

書誌情報

  • 著者: 新井 雅也, 馬勝 淳史
  • 発行日: (紙書籍版発行日: 2020-11-13)
  • 最終更新日: 2020-11-13
  • バージョン: 1.0.0
  • ページ数: 218ページ(PDF版換算)
  • 対応フォーマット: PDF, EPUB
  • 出版社: インプレスR&D

対象読者

クラウド,クラウドネイティブ,AWS,Amazon,CI,CDに興味がある人

著者について

新井 雅也

大手SI企業にて、金融業界の顧客に対するビジネス提案・システム設計・開発・運用を担当。UI/UXデザインやスマホApp、サーバサイドApp、クラウド(AWS/GCP)など、フルスタックな設計・開発に従事。業務以外においても登壇や寄稿、AWSコミュニティ運営など幅広く活動中。2020 APN AWS Top Engineersの一人。

馬勝 淳史

フロントエンド&バックエンドを実装するシステムエンジニア。金融のセグメントの顧客へのビジネス提案とともに、PoCのためのプロトタイプ開発、UX検討も行う。2020 APN AWS Top Engineersの一人。

目次

第1章 ようこそ、クラウドネイティブの世界へ

第2章 AWSで構築するクラウドネイティブサービス

第3章 コンテナサービスの構築

第4章 CI/CDの構築

付録A アカウントを跨いだステージング環境へのリリース

Home 書籍一覧 AWSで学ぶクラウドネイティブ実践入門 ▲ ページトップへ戻る