試験公開中

超本格! サンプルで覚える C言語 3Dゲームプログラミング教室
販売終了
このエントリーをはてなブックマークに追加

超本格! サンプルで覚える C言語 3Dゲームプログラミング教室

ラトルズ

3,000円+税

販売終了 超本格的なサンプルを用い、3Dゲーム制作の基礎をガッチリ解説するとともに、リアル3Dアクションゲームの制作技法を徹底公開! サンプルを見ただけで、読者の制作意欲を刺激するパワフル&充実の一冊! なお、本書のコードや素材は、二次利用OKです。

関連サイト

本書の関連ページが用意されています。

内容紹介

超本格的なサンプルを用い、3Dゲーム制作の基礎をガッチリ解説するとともに、リアル3Dアクションゲームの制作技法を徹底公開!

サンプルを見ただけで、読者の制作意欲を刺激するパワフル&充実の一冊!

なお、本書のコードや素材は、二次利用OKです。

★ここでサンプルコードをもとに本書で解説している3Dゲームのテクニックを一部紹介しましょう。

  • 画面で見て上下左右方向に移動する
  • 移動中に障害物に当たったら、スライドして進む
  • 壁と床と天井のポリゴンを区別する方法
  • プレイヤーが視界内に入ると敵が追いかけてくる、後ろから近づいたときは気付かれない
  • 攻撃のアニメーションと攻撃の衝突判定を同期させる
  • 武器の動きに沿って半透明の軌跡のエフェクトを描く
  • キャラクターの形に合わせてパーティクルを散りばめる
  • パーティクルをらせん状に動かす
  • プレイヤーキャラクターとカメラの間に障害物が入らないようカメラを移動する
  • 地震に合わせてカメラを揺らす

書誌情報

  • 著者: 大槻有一郎, 山田巧(DXライブラリ管理人)
  • ページ数: 352ページ(PDF版換算)
  • 対応フォーマット: PDF, EPUB
  • 出版社: ラトルズ

対象読者

著者について

大槻有一郎

DTP オペレーター→ IT 系出版社→フリーランスを経てリブロワークス取締役に。最近は編集に軸足を移しつつも時々執筆。本書では大量のコードをどう見せるかという解説テクの限界に挑みました。
http://www.libroworks.co.jp/

目次

本書の構成

1章 3Dゲームを開発するには?

  • 01-01 3Dゲーム作りに必要なもの
  • 01-02 開発環境の準備

2章 3D描画のキホン

  • 02-01 モデルを表示する
  • 02-02 モデルを移動&回転する
  • 02-03 モデルをアニメーションさせる
  • 02-04 カメラを設定して視点を変える

3章 SwordBoutのタスクシステム

  • 03-01 SwordBoutのコードを見てみよう
  • 03-02 タスクシステムのしくみ
  • 03-03 タスクシステムを利用してタイトル画面を表示する

4章 ゲーム本編とステージ

  • 04-01 ゲーム本編のタスク
  • 04-02 ステージデータの読み込み
  • 04-03 ステージの状態推移と描画

5章 全キャラクター共通の処理

  • 05-01 キャラクターデータの初期化と読み込み
  • 05-02 キャラクターの出現と状態推移
  • 05-03 キャラクターの移動処理と衝突判定
  • 05-04 アニメーションを再生する
  • 05-05 キャラクターの描画

6章 プレイヤーと敵キャラクター

  • 06-01 プレイヤーキャラクターの処理
  • 06-02 ゲームパッドやキーボードからの入力処理
  • 06-03 攻撃とダメージ処理
  • 06-04 敵キャラクター共通の処理
  • 06-05 敵の種類ごとに固有の処理

7章 サウンド・カメラ・エフェクト

  • 07-01 SwordBoutのサウンド処理
  • 07-02 カメラの処理
  • 07-03 エフェクトの処理
Home 書籍一覧 超本格! サンプルで覚える C言語 3Dゲームプログラミング教室 ▲ ページトップへ戻る