試験公開中

このエントリーをはてなブックマークに追加

Visual BasicによるKinect基本プログラミング

インプレスR&D

1,600円+税

本書ではVisual BasicでWPFアプリケーションを開発する基本のサンプルを通じて、Kinectの導入からどのようなことができるのかを理解していきます。

関連サイト

本書の詳細ページが用意されています。

内容紹介

2012年2月にMicrosoftよりKinect for Windowsが発売されました。その後、Kinect SDK1.0、Kinect SDK1.5がリリースされ、現在はKinect SDK1.6がリリースされています。誰でも自由に商用利用が可能なアプリを開発できることからKinectの技術は各方面で注目されています。本書ではVisual BasicでWPF(Windows Presentation Foundation)アプリケーション(ウェブブラウザーで動作するアプリ)を開発する基本のサンプルを通じて、Kinectの導入からどのようなことができるのかを理解していきます。

書誌情報

  • 著者: 薬師寺 国安
  • 発行日:
  • 最終更新日: 2013-03-29
  • バージョン: 1.0.0
  • ページ数: 292ページ
  • 対応フォーマット: PDF, EPUB
  • 出版社: インプレスR&D

対象読者

著者について

薬師寺 国安

フリーVBプログラマ。高級婦人服メーカーの事務職に在職中、趣味でVBやActiveXに取り組み、記事を執筆。2003年よりフリー。.NETやRIAに関する執筆多数。Windows ストアアプリも多数公開中。Windows 8のチャーム検索から、ストアを選択してkuniyasuの名前で検索すると、公開中のアプリ一覧が表示されます。1950年生まれ。Microsoft MVP for Development Platforms - Client App Dev (Oct 2003-Sep 2012)。Microsoft MVP for Development Platforms - Windows Phone Development(Oct 2012-Sep 2013)。PROJECT KySSは、1997年に薬師寺聖と結成したコラボレーション・ユニット。

目次

はじめに

第1回 Windows用のKinectはXbox用と何が違うの?

第2回 Kinectプログラミングのための環境構築と簡単なサンプル

第3回 Kinectで人体を認識して棒人間を動かすサンプル

第4回 Kinectによる深度データの取得

第5回 Kinectの音声認識を使ってWebブラウザを操作するサンプル

第6回 Kinectで音声を録音・再生するサンプル

第7回 Kinectで手の動きに合わせてモニター上の画像を動かすサンプル

第8回 Kinectで手の動きに合わせて波紋を発生させるサンプル

第9回 声で選んだアイテムをプレイヤーの身体に装着・連動させるKinectサンプル

第10回 Kinectで手の動きとカーソルを連動して操作するサンプル

第11回 人物を切り抜いて画面に表示するKinectサンプル

第12回 Kinectで距離カメラの値を取得して、指定した距離で人物が背景に溶け込む

第13回 KinectButtonを動的に作成して、ジェスチャーで文字を表示させるサンプル

第14回 手を動かして画面上の写真を左右にスライドさせるKinectサンプル

著者紹介

Home 書籍一覧 Visual BasicによるKinect基本プログラミング ▲ ページトップへ戻る