試験公開中

このエントリーをはてなブックマークに追加

Kinectv2楽しいプログラミング入門

インプレスR&D

900円+税

Kinectは身振り手振りや音声などで直感的にコンピューターを操作することが可能なため、さまざまな分野で活用されています。本書はKinect v2のプログラム開発ができるようになるための解説書です。

関連サイト

本書の関連ページが用意されています。

内容紹介

Kinectは身振り手振りや音声などで直感的にコンピューターを操作することが可能なため、さまざまな分野で活用されています。本書はKinect v2のプログラム開発ができるようになるための解説書です。はじめにKinect v2の特徴・開発環境・便利ツールを紹介し、次にC#で簡単なプログラミングを作成します。最後にサンプルコードの解析を通してKinect v2開発に必要なエッセンスを理解していただくことを目標としています。

書誌情報

  • 著者: 大田 昌幸, 江田 周平
  • 発行日: (紙書籍版発行日: 2015-09-11)
  • 最終更新日: 2015-09-11
  • バージョン: 1.0.0
  • ページ数: 90ページ(PDF版換算)
  • 対応フォーマット: PDF, EPUB
  • 出版社: インプレスR&D

対象読者

著者について

大田 昌幸

日本マイクロソフト株式会社 テクニカル エバンジェリスト。スタートアップでのWeb開発経験を経て、2011年に日本マイクロソフトに入社。Kinect、AzureなどのMicrosoft製品に加えて、社外の技術も加えたオープンな新規事業開発をスタートアップ企業とともに企画・実現する活動に取り組んでいる。
ブログ http://nt-d.hatenablog.com/
Twitter https://twitter.com/masota0517

江田 周平

日本マイクロソフト株式会社 技術サポートエンジニア。 大阪大学大学院にて計画数理工学を専攻。主に大規模倉庫等で稼働する数百台の搬送ロボットの経路を最適化する手法を研究・論文の執筆活動を行い、国内外で発表を行う。日本マイクロソフトに入社後は技術サポートエンジニアとして、主にOfficeのデータ解析系のツールをサポート。また、最適化問題を専攻した強みを活かし、大田とともにAzure Machine Learningなどのセミナーで登壇するなど、社外での活動も活発に行う。趣味はマジック。テクノロジーとマジックを組み合わせ、世界中の人々を驚かせるために日々活動中。
Twitter https://twitter.com/shumach5
Youtube https://www.youtube.com/channel/UC8MUFe5NaaCC_uFqrzOzTcQ

目次

1章Kinect入門

  • 1-1 Kinectとは
  • 1-2 Kinect v2の特徴·
  • 1-3 Kinect v1とKinect v2の違い

2章開発環境の準備

  • 2-1 Kinect v2開発に必要な開発マシンの要件
  • 2-2 Kinect Configuration Verifierによる開発マシンの要件チェック
  • 2-3 Kinect v2の購入
  • 2-4 Visual Studio 2013 Community Editionのインストール

3章 サンプルプログラムの実行

  • 3-1 サンプルアプリケーション実行のメリット
  • 3-2 SDK Browser v2.0によるサンプルの実行
  • 3-3 Visual Studioでのサンプルの確認と実行
  • 3-4 Kinect Studio v2.0によるモーションの記録と利用

4章 Kinectプログラミング入門

  • 4-1 作成するアプリケーション
  • 4-2 WindowsストアアプリケーションへのKinect開発モジュールの追加
  • 4-3 基本的なKinectアプリケーション開発の流れ
  • 4-5 知っておくと便利なVisual Studioの機能

5章 サンプルプログラムの解説

  • 5-1 サンプルコードについて
  • 5-2 スケルトントラッキング
  • 5-3 深度データ
  • 5-4 赤外線データ
  • 5-5 顔認識
Home 書籍一覧 Kinectv2楽しいプログラミング入門 ▲ ページトップへ戻る